歴史

そのとき西郷が、やおら立った【本の言葉】

 そのとき西郷が、やおら立った。「長州藩のお歴々も、薩摩の者も、よう見てくだされ。オイの余興はこれでごわす」と股間をもそもそたくしあげて一物をとりだし、ローソクの灯で毛をジリジリと焼きはじめた。・・・(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)


 坂本竜馬の斡旋で、薩摩と長州が討幕同盟を結んだという話は、あまりにも有名であるが、薩長は、それまでは仇敵といってもよい間柄であった。とはいえ、両者は幕末において突出した尊王の雄藩。竜馬以前にも互いに接触を図り、親和に努めていたようである。

 上のエピソードは、薩長の志士によるある懇親会からのもの。酒が入り、場が荒れたところで、それを収めるために行った西郷隆盛の奇策。陰毛を焼かれては、血の気もひいたことだろうが、このシーンをされに突っ込んで考えると、、、

 西郷は象皮病を病んで、陰嚢が腫れ上がっていたという話がある。維新の風雲期の入り口あたるこの頃に、症状がどのようなものであったかは不明であるが、陰毛を焼くという奇行以上に一同が驚愕したのは、巨大化した西郷の陰嚢だったのかも知れない。

 曰く「西郷はデッカイ奴だ」と。



読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬は議論しない【本の言葉】

 竜馬は議論しない。議論などは、よほど重大なときでないかぎり、してはならぬ、 と自分にいいきかせている。もし議論に勝ったとせよ。相手の名誉をうばうだけのものである。通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬものだし、負けたあと、持つのは、負けた恨みだけである。・・・
(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)


    「議論をしない」、このくだりは、司馬遼太郎の人生訓であろうし、また坂本竜馬の人物を考える上で興味深い表現である。たしかに論破された人間が能動的になれるだろうか。袂を別つか、不快なまま諾諾と従うだけのことだろう。

 
人を動かすことが巧みであっと言われる坂本竜馬。では、彼はどのような言動で人の心に訴え、人から能動性を引き出すことができたのだろうか。

 司馬は「関が原」をはじめ戦国時代を舞台とした作品において、人が人を動かす原理は「義」や「理屈」ではなく「利」であるとしている。家康、秀吉の大成と三成の挫折をそこに見る。

 
「合理性」というのも司馬作品の重要なテーマである。商家の流れをくむ坂本家、「竜馬がゆく」でも健全な合理性が竜馬を介して描かれているものと思う。


(補記)
 「竜馬がゆく」が連載された頃は、1960年代。蒙昧な攘夷浪人を
過激化する学生運動・左翼運動の闘士に重ねて批判しているようにも思える。「議論」と「正義」そして「天誅」だけで世の中は動かない、司馬は筆を通して、そう諭していたのではないだろうか。

読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬はこの清河が好きではなかった【本の言葉】

 幕末の史劇は、清河八郎が幕を開け、坂本竜馬が閉じた、といわれるが、竜馬はこの清河が好きではなかった。たったひとつ、人間への愛情が足りない。万能があるくせに。・・・

(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)

 奇策の人・清河八郎と、融通無碍(ゆうずうむげ)にして王道を採る真の戦略家・坂本竜馬を、本作におおいては、しばしば対比的に描かれる。むろん、司馬遼太郎の美感によるものであり、竜馬を際立たせる創作上の演出であるが、清河には少し同情する部分がある。

 たいていの場合は、人格や人生の欠落が他人への関わり促し、その
依存関係や互恵関係の中で、他人への愛情を培う基盤を積み上げていくものである。無論、 特殊な経験や生まれや育ちの良さが愛情深い人間を形成するケースもあるが、感謝とは窮地において与えられた時、本当のありがたみを知るのではないだろう か。

 
富裕な士分の出で、万能であった清河が人間への愛情を欠いたというのであれば、それは無理もないことなのかも知れない。


読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外貿易から読む戦国時代【行者の聴いた観た読んだ】

 日本の戦国時代を大航海時代の世界交易という視点から見た「海外貿易から読む戦国時代」。主として織田信長の事跡からいわゆる南蛮渡来の文物が如何に戦国時代に影響を与えたかが語られている。  

 本書を著者は武光誠氏。氏の著作は二作目だが、読みやすい上にいい意味での衒いがあって中々面白い。反面において、実証的であるか、という点については幾分不満の残るところであるが。本書のタイトルどおりのことを大雑把に知るには好ましい著作である。

 

 本書の記述において特に興味深かった箇所としては、農業生産性の向上が富の蓄積と余剰を生み、これが国内においての戦国時代を「可能」とし、さらにはその果実としての「統一」そして、さらにはその矛先を海外に向けるというプロセスがポルトガル、スペインそして時期をずらして日本で同様にして起こったということ。これに「銃=最新のテクノロジー」というものが深く関わったということ。

 信長、秀吉の海外への野望は、スペイン・ポルトガルの反復と見ることができる。

 また、見落としがちなことであるが、「銃」の運用には当然ながら「弾」と「火薬」が必要であり、これの調達こそが戦国の覇者を決めたという一つの事実、これも改めて成る程と思った。

 ところで、大航海時代の征服主義と後の植民地主義との違い、その中にあって日本がどのような状況を迎えることになったのか、この点も興味深い。

 本書では具体的な言及はされていないが収奪から殖民へと推移した西欧の海外政策において、その下地にある交易関係を慎重かつ限定的なものにした秀吉・家康の判断は、日本史におけるファインプレーだったかも知れない。

 徳川幕府による鎖国は交易権の独占という側面が強いようであるが、本書によれば秀吉政権下での禁教令は長崎にあった教会領への危惧の表れということだ。

 それにしても、教皇子午線なるものを設定してしまう、当時のキリスト教国の野蛮さについては、閉口してしまう。この当時の「良識ある」人々はこのようなものをどう評価したのであろうか。亦、今日の常識は600年後にどう評価されるのだろうか。

 ところで、過去の歴史を現代的課題から読み直すということは、繰り返し行われているところであるが、戦国時代とグローバリズムと重ねてみるものを少なからず目にする。これも流行であろうか。

映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋する侍【行者の聴いた観た読んだ】

 敬愛してやまない戦国の知将、黒田官兵衛を多角的に追うべく、黒田家と関わりの深い細川家の周辺を探るっていると、頓五郎興元なる侍に出くわした。これは知人から借りた本『細川ガラシア』などでのこと。

 頓五郎興元は、名将にて戦国随一文化人の細川幽斎が次男義理の姉、細川ガラシアことお玉があまりに美人なので、頓五郎は義姉にケソンしているという設定がまま見られる。

 兄との不仲、ガラシアから養子をもらいうけたなどの事跡からも、後世の物書きにそのように設定されているが、実際のところはどうなのだろうかと想いをはせる次第。恋や横恋慕は小説には不可欠な要素ながら、どうも安易なようにも思えて。

 また、戦国時代と今日では、いわゆる「恋愛感情」なるものについて、自己認識にも違いがあるのではと。 

とまれ、誰かの作品の中で、黒田官兵衛が旧主小寺政職の娘を密かに慕ういうものがあったことを思い出す。

 『恋する侍』、なかなかの響きではないか。


映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評「薩摩燃ゆ」【行者の聴いた観た読んだ】

 司馬遼の衣鉢を継ぐもの(というと言い過ぎでしょうか)、安部龍太郎の『薩摩燃ゆ』をしばらく前に読了。情景描写、心理描写、薀蓄に男意気、女の色香と豊饒さ。異説をベースにした安部龍エンターテイメントを堪能しました。

 この『薩摩燃ゆ』の主人公は、薩摩藩家老の調所”笑左衛門”広郷。薩摩藩500万両の借金を「無利子で250年分割払い」というジャパネットも仰天のを約定を取り付けた豪腕ぶりや、「黒糖地獄」と呼ばれる大島・徳之島などから取れる黒砂糖の専売制確立、清国との密貿易など、ともすると負のイメージが付きまとう人物です。

いわゆる、お由羅騒動と呼ばれるお家騒動でも、英明な島津斉彬(西郷隆盛、大久保利通を引き上げた名君)と対立した島津斉興・久光に組したということも彼の評価に水を差しているようです。(作品中では、実は笑左衛門は斉彬派であった、という異説が採られています。)

 本作では、旧主「高輪下馬将軍」こと島津重郷の遺志を継いで、来るべき時代の為に薩摩藩を雄藩とすべく、なりふりかまわず邁進する笑左衛門の姿をドラマティックに描いています。

 

笑左衛門の行動原理はすべて重郷の遺志を実現すること。非合法を覚悟で改革を進める笑左衛門の前には様々な困難と災厄が。途方もない現実に挫けそうになるたび、笑左衛門は、重郷の「笑左、泣くな。笑え」の言葉を思い出し、わが身を奮い立たせるのでありました。そして最後には悲劇が、、、

 文化文政期、やがて来る幕末という大変革の黎明期を生きた調所笑左衛門。清濁併せ呑み、ひたすら働いて、自ら命を絶った古武士に思う。

 この男なくして明治維新は無かったと。

 映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レッドクリフ」金城孔明に関して【メイキング・オブ・OL三国志演義】

Photo  本編『OL三国志演義』の長すぎる一休みもどこ吹く風と、週イチの更新を維持している本コーナー『メイキング・オブ・OL三国志演義』。今回も話題の映画『レッドクリフPART1』からボチボチと。

 さて、レッドクリフのレビューの中でも言いましたとおり、本作は俳優が良かった点が特徴です。関羽・張飛の義兄弟なんて、見た目は「ソックリ」でして、実物を見た人なんてどこにもいないはずなのに、皆納得したことと思います。

 さて、そんな俳優陣の中でも、もっとも良かったのは、実は鑑賞までは不安視していた金城武の諸葛孔明です。これまで人形劇、コミック、映画、ドラマで観てきた孔明の中でも最もイメージに適ったものでした。

 知的かつ穏やかで、実は芯が強い。そして愛嬌とユーモアが滲む人柄。そしてもちろん男前。吉川三国志・NHK人形劇などを介して、清廉かつ謹直な印象を持たれているであろう孔明ですが、レッドクリフ孔明が実は実物に近かったのでは?と思った次第です。

 が、考えてみれば、「知的かつ穏やかで・・・」というのは、のような人柄であって、金城孔明はイメージに適ったというか、要するに行者の好みの男性像!だったということかも知れません。おかげでレッドクリフ鑑賞中は、なんともいい気分にさせてもらいました。 

 ところで、コミック『時の地平線』では平和主義者『蒼天航路』では巨根!という破天荒な設定がなされておりました。それぞれの魂にそれぞれの丞相がいる模様です。 

 因みに、孔明のユーモラスなエピソードとして、『ブサイクな譙周(しょうしゅう)との逸話』があったように記憶しているのですが、、、出典は不明でして、ご存知の方はコメント欄にご一報ください。


第一部の物語はこちらです   【働く女性が群雄割拠】OL三国志演義第一部(校正版)

第二部も含めて連載はこちら → 【いよいよ暴君登場】OL三国志演義

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドクリフの趙雲はブサイクか【メイキング・オブ・OL三国志演義】

Photo_2  なかなか進ます本編、『OL三国志演義』、、、反董卓連合軍のあたりはうーん、筆が進みません。というか、吉川三国志でもあんまり読み進まないところだったような気がします。

 皆さんはどうでした?群雄が一同に会する、長い物語のイントロダクションにあたるところだとは思うんですが。。。ということで、メイキング版をボチボチと。

 話題の『レッドクリフPART1』は先頃観て来まして評価はレビューのとおりですが、三国志読みとしては、決して「寒い」というほどのものではありまんでした。暇な時に割引で如何ですか?というくらいの感じです。

 ところで、ネットの諸兄の中には、「趙雲がブサイクやった」とのご意見が散見します。が、あれはあれで、男前なのではないかと思うのです。鼻がデカイ!のは確かですが、全体としての姿、いでたちも含めて、雄雄しい感じがして、観ているうちに「カッコええやん」と思いましたよ。

 きっと中国人にとっては、かの俳優さんも二のセンだと思うのですが、考えてみれば、どうも中国人と日本人の間に男前の基準とバリエーションが違うように思います。まあ、文化、歴史が違えば美観も違ってくるのは当然でして。

 特に近年の日本人のハンサムの好みは、中性的なものに偏っているように思います。もちろん、男クサイ男前も一部おるわけですが、メディアをにぎわすハンサムくんは20代そこそこのユニセクシャル。かつては三船敏郎先生のような毛穴から男臭が吹き出しているようなオスが二枚目の王道だったのではないかと思うのですが。

 新御三家、ジャニーズあたりから消費者層の低年齢化に合わせて、ハンサムの少年化、そして中性化が進んでいったように思います。まあ、このあたりは折を見て検証するとして、、、

 とはいえ、一方では歴史的にも美童を好む傾向が日本人にはあるように思います。江戸時代初期中期の錦絵にも、つるっとしてオシャレな若衆が描かれてもいますし。さらに遡れば中世の宮廷世界の美意識も優美なものを好んだように思います。

 そうなると、戦争がない状態が長く続くと日本人の美意識は優美に流れるのか、優美をハンサムとするのか、、、いつ雄雄しい「武」をよしとする意識が薄れてしまったのか、、、美意識と戦争というものとあわせて考えても面白いかも知れません。

 「治にあって武を忘れず、乱世にあって文を忘れず」これは戦国時代の知将、黒田如水の言葉と伝えられています。が、、あんまり関係ないか。

 要するに「レッドクリフの趙雲、あれはあれで、中々の男前やで!」というお話です。


第一部の物語はこちらです   【働く女性が群雄割拠】OL三国志演義第一部(校正版)

第二部も含めて連載はこちら → 【いよいよ暴君登場】OL三国志演義

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「レッドクリフ・PART1」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】2.5/5点 

 「寒い」との噂も「涼しい」程度。俳優は良く、孔明と周喩のお琴によるジャムセッションが聴けるなど見所もあるが、映画としての完成度は微妙。また「三国志を知る」という観点からも難しいものがある。

 お時間にゆとりのある方に割引の日、時間帯での鑑賞をお勧めします。

 なお、お時間のない方は、こちらで三国志の世界に触れてください。
 ↓

そのうち三国志を読む君へ

 また、三国志関係の代表的な小説・コミック等のまとめ情報はこちらに
 ↓
 読むぜ三国志【DB】

 働く女性が群雄割拠。失われた10年のOL群像劇
 ↓ 

 OL三国志演義【ケータイ小説版】


【詳報】
 東アジアのベストセラー・三国志の世界を完全映画化した!との触れ込みの映画「レッドクリフ」(赤壁って意味)。ネットでは試写会を観たであろう諸兄の「寒い!」との声も上がっておりましたが、私の感想としては、「寒い」というほどのものではなく、せいぜい「涼しい」くらいのものでした。で、好ましかった点を中心に、、

 まず、俳優がよかった。不安視された金城武さんの諸葛孔明が、

続きを読む "映画「レッドクリフ・PART1」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

OL三国志演義【第二部】第二幕第四段つづき

~ 十条寺は罠に落ちるも、西の狼が現る ~

Sangosuki032

 「まあ、アッチの方は、結構マジメやん?」  そう切り替えしたのは雁田憲和だった。

 その驚愕の発言に、さすがの操猛美も一瞬口ごもってしまった。『悪い=カッコいい、マジメ=ダサイ』という、なんとも幼稚な世界観が、まさか社会人の宴席で語られるなどとは、切れ者陰謀家、操猛美にとっても想定外であったのだ。

 「俺らは、ワルかったからなあ!なあ、玄田ちゃん!」    やめて、、、お願い、、、ヤンキー武勇列伝、、、そんなダサすぎる過去をエグらんといて、、、玄田徳子はほとんどグロッキー状態。宴会前半までの舞い上がりぶりはどこふく風か。

 隣にいた男子何某が、大丈夫?飲みすぎ?とかける声にも上の空。

 「なあ、二年時の体育祭あったやん?あん時、俺ら、ブッチしようぜって言ってたやん、でも、西ネヤ(*)のヤンキーが俺らのクラスのコ、あのほら、浅香唯に似てた、、、」まくしたてる雁田憲和の言葉が耳の奥でこだましてる、、、  

*註 西寝屋川高校    

 酔いと極度の不快感で心身阻喪状態になった玄田徳子はグラスを握ったまま、固まったしまっている。そしてその口もとは、よく見ると僅かに微笑んでいる。

続きを読む "OL三国志演義【第二部】第二幕第四段つづき"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧