UseLess備忘録

ルー・リードとエアロ・スミスの意外な繋がり【行者のUseLess備忘録】

Trans ~脳漿(のうしょう)に浮かんでは消える不毛な思いつき、連想。これらを書き記してみたら、なんと無意味なことを日々思い過ごしているのだろうかと独り ごちる。そんな行者の役に立たない絵空事日記、【行者のUseLess備忘録】本日も全世界に配信させていただきます。  ~


 ストリートの詩人、ル一・リ一ドの代表曲の一つに、言わずと知れた【Walk・On・ The・Wildside】がある。この曲の始まりの印象的なギタ一リフを引用したヒップホップの名曲は、【A TRIBE CALLED QUEST】の【Can・l・Kick・it】である。

 ところで、Walk繋がりで言えば、
【Walk・This・ Way】という、エアロスミスのこれまた名曲がある。この曲も引用されて、かの【RUND.M.C】のヒットナンバ一【Walk・This・Way】となっている。【RUND.M.C】は、言わずと知れた80年代初期ヒップホップの立役者。

 初期のヒップホップは、一般にOLD SCHOOLとも言われることがあるが、

続きを読む "ルー・リードとエアロ・スミスの意外な繋がり【行者のUseLess備忘録】"

| | コメント (3)

カパエル【UseLess備忘録】

Zabieru ~ 脳漿(のうしょう)に浮かんでは消える不毛な思いつき、連想。これらを書き記してみたら、なんと無意味なことを日々思い過ごしているのだろうかと独りごちる。そんな行者の役に立たない絵空事日記、【行者のUseLess備忘録】本日も全世界に配信させていただきます。  ~

 ある夜、帰途の途中にふと頭に浮かんだ。「カパエル、、、とはザビエルか。」カパエル、永井豪大先生原作の人気アニメ「ドロロンえん魔くん」に登場するエロいデブである。日本伝統の水棲モンスター、河童のなりをした、主人公閻魔くんの舎弟にして、その活動の足を引っ張るグッド・フェローだ。

 さて、聖フランシスコ・ザビエルの頭頂部にご注目いただきたい。まるで河童のごとく円形脱毛しているではないか!カパエルとは河童(カッパ)とザビエルを組み合わせた造語ではなかろうか。

 そもそも、永井豪大先生のネーミングは独特なもので、例えば「おいら女蛮」の主人公には女(すけ)蛮子、「イヤハヤ南友」(いやはやなんとも)や「けっこう仮面」(月光仮面)等の捩った(もじった)語呂の良いタイトル、そして極めつけは、お馴染みの「デビルマン」。主人公の不動明は言うまでもなく、不動明王からとったものであろう。

 そんな永井先生のことだから、上で示した想像も、あながち遠くないのではなかろうか。

(追伸)果たして真相は!?ウィキぺディアさんに聞いてみよう!↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%81%88%E3%82%93%E9%AD%94%E3%81%8F%E3%82%93

~行者のログが気に入ったら人気投票にご協力をm(_ _)m是非→Click here

| | コメント (0) | トラックバック (0)