スポーツナビ

(行者スポーツ)トボけた遠藤と北朝鮮戦

怒鳴りつけてきた相手に狼狽しながらも、なんとか怒鳴り返す、昨日の北朝鮮戦はそのような試合ではなかったか。

日本代表の心臓、遠藤保仁は喚(わめ)く相手にはトボけて返す。いなす。

肩透かしを食わせておいて、鋭い一言を突き刺す。

つまり、パスを捌(さば)き、散らし、そしてくさびの縦パスを通す。

ワールドカップ最終予選、そして14年ブラジル大会に向けて、指揮官のドナー探しは続く。


↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | トラックバック (0)

(行者スポーツ)オイルまみれのサムライ

アジアカップは面白い。日本代表チームの勝利は無論のこと、
プレーにも応援にも、それそれのお国柄や文化が滲(にじ)み
出ているようで、アジア・オセアニアの広大さに思いはせます。

さて、今般のアジアカップ予選グループリーグ敗退を受けて、
サウジアラビアの代表監督が解任されたそうです。それも今
大会中に二人目という、異例の決定。

解任された代表チーム元コーチ・ジョハル監督の政権は、そも
そも暫定的なものだったのでしょう。再建に向けての人事かと
は思います。

が、このようなシーンを、豊かな西アジアの産油国において、
何度か目にしてきた記憶があり、・・・


この続きは【週刊】行者★スポーツで

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラップラー オン ロードムービー 真也の旅

好みの問題でしょう。

私にはとって青木真也選手は本当に華のある選手。

桜庭和志選手にも劣らないポテンシャル、ドラマ性。

物語はまた始まったのだと、思いたい。

俺達はここに居てもいいのか

俺達はまたどこかに向かうのか

手探りで真夜中の高速を突っ走る

青木真也さんは、旅に出られるとのことですが、

失われた10年の世代、

ZEROジェネレーションのシンボルとして

彼もまた物語を背負うことのできる稀有なプロ競技者。

もう一度彼のページを開けたい。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | トラックバック (0)

(行者スポーツ) そうだ、青木くん、やめだ

先般、大晦日のダイナマイトで長島☆自演乙選手に、苦杯を喫した青木真也選手がブログで意味深発言をした。


まず、結論。

青木くん、やめろ、そして世界に打って出ろ。

負けて、勝って、そしてより逞しくなって帰ってきてくれ。

残念ながら今、この国に君を熱くする土俵はない。

AOKI、世界は未だ君と闘いたいと思っているはずだ!

大晦日、君の物語が新たに始まったと、俺は確信している。

以上。


以下は私、行者の偶感。

そもそも今回の試合形式(総合 VS K-1、ラウンド・ルールターン制)自体に難しいものがあったと思う。

土俵は違えどストライカー同士の闘いであれば無い話ではないが・・・

この続きは【週刊】行者★スポーツで

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(思い出プロレス)狂気の作り方。正気のタイガージェット・シン

Sin ■悪役レスラーのイメージとは? 

 平成のプロレスファン、格闘技ファン諸君は、
タイガージェット・シンというレスラーにどのような印象を持っているだろうか。現在は、自身のパロディを演じるシンを『かつての有名悪役レスラー』といった程度に認識されているのかもしれない。

 悪役レスラー、フレッド・ブラッシーやザ・シーク、アブドーラ・ザ・ブッチャーら往年の名優たちは、噛み付きや凶器などによる反則攻撃を専らとし、
レス リングとなるとからっきしダメというキャラクターで、怖ろしくもある面で愛嬌のある存在としてお茶の間の『人気者』でもあった。悪事を働いた後に、正統派 レスラーから制裁を受けて逃げ惑い、コーナーポストを背にして「ノーノー」と哀訴するその姿は、会場やお茶の間に笑い声を誘った。

 ところが、日本デビュー当時、まだ無名の悪役だったシンは、、、この続きは、【週刊】行者★スポーツで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(行者スポーツ)HERO’SはPRIDEを越えれない

 HERO’SはPRIDEを越えることは出来ない。それは大衆的なムーブメントとして、という意味においてである。何故か。目新しくないからである。

 「今年の年末は、PRIDEばっかりやろ」

 数年前の職場の先輩の言葉である。かのPRIDE、K-1ダイナマイト、猪木ボンバイエの三大会が同時に地上波で放送され、格闘技イベントが紅白歌合戦を食ったあの年の師走の某日。

 彼の「PRIDEばっかり」という言い方に引っかかったが、すぐに合点がいった。格闘技に関心の乏しい彼は、PRIDEというイベントタイトルを総合格闘技の競技名称として用いたのだ。

 それは誤認だったのか、・・・この続きは【週刊】行者★スポーツで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(思い出プロレス)逆転!ジャンボ鶴田のオーッ!!その時歴史が動いた

Turuta01

 平成のプロレスファン、総合ファンの諸君らは、今は亡きジャンボ鶴田というレスラーにどのような印象を持っているだろうか。

 優れた身体能力、アマチュアレスリングでの実績。そこから類推してセメントでも一級の実力者では?という憶測をする御仁もおられるかも知れない。

 が、我々昭和のプロレスファンが見ていたジャンボ鶴田は、「善戦マン」の名のとおり今ひとつ冴えない、トボけた二代目であった。そう、ある時点までは。

 *善戦マン  若き日のジャンボのニックネーム。伊東四朗の人気バラエティ『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』のキャラクター「電線マン」をもじったもので、善戦するが勝てないの意。

 赤いパンツのノンキ者、その二代目の得意のパフォーマンスは、皆さんご存知の「オーッ!」だ。ジャンピング・ニーパットで敵を蹴散らしては右手を上げて「オーッ!」。時には頭を掻きむしる意味不明のアクション付きで、本当に頭は大丈夫かと少年行者は心配したことさえある。

 この「オーッ!」には、解説席のG馬場社長が「余計なことをせずに早く次の技に行け」とお小言をもらしてられた。・・・この続きは【週刊】行者★スポーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(思い出プロレス)ザ・コブラの宿敵、センスゼロ!

Smithdaveyboy01 初代タイガーマスクの穴を埋めるべく、唐突に現れた銀覆面の男、ザ・コブラ。このジョージ高野扮するニューヒーローのライバル役を指名されたのが、後にWWFで大成功を収める「ブルティッシュ・ブルドックス」デイビーボーイ・スミスだった。

 彼はザ・バンビートと名乗る覆面レスラーとしてリングインしたが、マスクマン達の御輿に担がれて入場してきたザ・コブラに腹を立てたのか、「俺はお前の下風には立たん」とばかりに突如マスクを脱ぎ捨てた。

 この衝撃のシーンに会場と放送席は驚きを隠さなかったが、小生は幼心にこれはヤラセではないかとの思いがよぎった。なぜなら、・・・この続きは【週刊】行者★スポーツで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出プロレス・荒鷲の優しさ

Sakaguchi01_2 かつて 昭和の金曜午後八時。格闘ロマンと興奮の坩堝の時間にも、会場で、そしてお茶の間で男たちが嘆息をもらす瞬間があった。

 それは
「世界の荒鷲」こと坂口征二が相手のバックをとり、その身を軽々と持ち上げた瞬間だ。「嗚呼、またアトミックドロップだ。。。」

 バックドロップというプロレスの王道、大技を繰り出すことなく、相手の尾てい骨に痛打を与える一撃を毎回選択する荒鷲。この技を食らった外人レスラーが尻を押さえて飛び跳ねる様。
まるでカマを掘られたノンケのようだ。
 

荒鷲の十八番は、四角いジャングに「過激なプロレス」とは一線を画すコミカルなシーンを召喚するのである。・・・この続きは【週刊】行者★スポーツで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(行者★スポ第53号)望蜀。ポリパレントの弊害か【カタール戦雑感】

Photo_10  就任来応援しているオシム監督の、初めての真剣勝負といえるアジアカップにおいて、日本代表の初戦は、高温多湿のピッチコンディションの中、進境著しい中東の国・カタールと引き分けに終わるという結果となった。

 このドロー発進を、チーム状態のトップを決勝トーナメントに持ってくるという
「強豪国らしい雰囲気」に日本代表もなったものだとノンキな感想を述べつつも、試合の内容について一抹の不安がよぎった。

 試合の内容、否、試合の展開というべきか。試合内容そのものは、ボールの支配率と決定機の数が示すとおり
、日本代表の優勢勝ちである。

 やはり気になるのは、同点に追いつかれたプロセス、展開であり、その時間帯に、ピッチ上の選手達はどのようなアクションを起していたのかということである。・・・この続きは【週刊】行者★スポーツで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧