ネタばれ御免の読書感想文

関が原偶感【其の参】異質なる合戦と毛利家の人々

(まえがき)
 今、二十年ぶりに司馬遼太郎の『関が原』を読み直しています。これは、このブログに掲載した小説『ホワイトデーお返し調整会議 男子達の関が原』を書くに あたって、資料として読み直し始めたものですが、ホワイトデー~を書き上げた今でも、手元に文庫本全3巻を置いて、暇があれば手に取って、開いた頁を数行 読んでは楽しんでいます。
 そうしていると、いわゆる関が原の合戦について、アレコレと考えるようになったので、ボチボチとその断片的な思いを綴ってみることにします。何かの折りの資料になればと。

 関が原の合戦前には大老格だった毛利家は、敗れて120万石の石高を四分の一程度に減らされてしまいます。毛利家は関が原では交戦していません。であるのに、何故そのようなメにあったのでしょうか。

 関が原の合戦と言えば、『徳川の東軍と石田の西軍が戦って、西軍だった小早川が東軍に寝返って、徳川が勝利した』、と思っている人は少なくないと思います。もちろん、これも誤りではありません。が、正確には西軍の総大将は毛利輝元であり、寝返りに重要な役割を果たした西軍の人物には、吉川広家という武将がいます。冒頭の言い方をこれに従って改めてみると、『徳川の東軍と毛利の西軍が戦って、

西軍だった吉川が、あらかじめ東軍に寝返っており、徳川が勝利した』というものになります。

 さて、毛利家には有名な

続きを読む "関が原偶感【其の参】異質なる合戦と毛利家の人々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関が原偶感【其の弐】大迷惑なる名将達

(まえがき)
 今、二十年ぶりに司馬遼太郎の『関が原』を読み直しています。これは、このブログに掲載した小説『ホワイトデーお返し調整会議 男子達の関が原』を書くに あたって、資料として読み直し始めたものですが、ホワイトデー~を書き上げた今でも、手元に文庫本全3巻を置いて、暇があれば手に取って、開いた頁を数行 読んでは楽しんでいます。
 そうしていると、いわゆる関が原の合戦について、アレコレと考えるようになったので、ボチボチとその断片的な思いを綴ってみることにします。何かの折りの資料になればと。

 小説『関が原』を読んである感想が湧きました。大谷吉継や直江兼続の家臣はたまったものではないな、という思いです。

 大谷吉継と直江兼続という高名な二人の戦国武将は、豊臣家へのご奉公という大義と、西軍の事実上の盟主、石田三成との交誼に応えるために、反・徳川家康 の西軍に参加します。直江兼続に至っては、自分が筆頭家老を努める会津120万石の上杉家の領内で、家康の大軍と合戦しようと画策するわけですから、これ は大変なものです。

続きを読む "関が原偶感【其の弐】大迷惑なる名将達"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関が原偶感【其の一】

(まえがき)
 今、二十年ぶりに司馬遼太郎の『関が原』を読み直しています。これは、このブログに掲載した小説『ホワイトデーお返し調整会議 男子達の関が原』を書くに あたって、資料として読み直し始めたものですが、ホワイトデー~を書き上げた今でも、手元に文庫本全3巻を置いて、暇があれば手に取って、開いた頁を数行 読んでは楽しんでいます。
 そうしていると、いわゆる関が原の合戦について、アレコレと考えるようになったので、ボチボチとその断片的な思いを綴ってみることにします。何かの折りの資料になればと。

 関が原の合戦とは、慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、徳川家康が率いる東軍と、石田三成が率いる西軍の合わせて20万人近い両軍 が、美濃の国(岐阜県)の関が原で決戦して、家康が三成を破った、日本史上国内における最大の合戦ということになっています。

 まあ事実そうなんですが、

続きを読む "関が原偶感【其の一】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使の囀り6【ネタばれ御免の読書感想文】

Tenshi_2  しばらく間が空きましたが、【ネタばれ御免の読書感想文】、『天使の囁き』編は、今回の総括を以って終了とさせていただきます。『黒い家』にも触れながら、貴志作品の面白さについて簡単ではありますが、吟味をしてきました。その骨子をまとめますと、

【貴志先生の新刊です】↓

続きを読む "天使の囀り6【ネタばれ御免の読書感想文】"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

天使の囀り5【ネタばれ御免の読書感想文】

Tenshi_1 ネタばれご免の読書感想文、今回はいよいよ物語の終焉、起承転結の「結」の部分です。今回も貴志氏の巧みさに注目しながら進めていきます。

 その前にこれまでのあらすじを確認しておきます。ホスピスの早苗は、恋人高梨の自殺の原因がブラジル脳線虫に感 染したことにあることを線虫の研究家である依田と発見します。

 このブラジル脳線虫への感染は、高梨が参加したアマゾン探検隊のリーダー、文化人類学者の蜷川教授が策謀したものでした。

 さらに蜷川教授はウェブ上で庭永と名乗り【ガイヤの子供たち】という自己啓発セミナーを主催して悩みを抱えた若者達をブラジル脳線虫に感染させ、線虫が脳内に進入して得られる快楽によって悩みから解放されるという実験を行っていたということも知ります。

 【ガイヤの子供たち】に参加したフリーターの信一もその被験者の一人となっていたのですが、信一と同じようにセミナーに参加した人々は次々と自殺していってしまいます。

【貴志先生の新刊です】↓

続きを読む "天使の囀り5【ネタばれ御免の読書感想文】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使の囀り4【ネタばれ御免の読書感想文】

Tensi2_1いよいよ佳境に入ってきました、天使の囀り、ネタバレご免の読書感想文です。今回は起承転結の「転」の後半部分です。

 第13章『メドゥーサの首』から、第16章『救世主コンプレックス』までです。今回も出来うる限り、貴志作品の面白さを解析するという方向で概説します。

 その前に、一応前回のまでのおさらいをしておくと、ヒロイン早苗の恋人高梨や高梨とアマゾン探検に行った人々の不可思議な自殺と、フリーター信一が出席した啓発セミナーに参加していた青年の自殺が共に恐れていたものをむしろ歓迎するような死に方を選んでいたことが明らかになりました。

 つまり別々に進行していた早苗の物語と信一の二つの物語が一つになったということです。この二つが本作のキーワード「憑依」というもので結びついたということです。では「憑依」とは一体何か。

【貴志先生の新刊です】↓

続きを読む "天使の囀り4【ネタばれ御免の読書感想文】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使の囀り3【ネタばれ御免の読書感想文】

Tensi2 【天使の囀り】、ネタばれご免の読書感想文第3回目です。今回は前回の続き、起承転結の「転」の前半について述べます。

 「起」、「承」でこの作品の主だった登場人物、舞台、背景が出揃い、そこから作品のテーマのようなものが浮かび上がってきました。「転」は作品の面白さを加速させる部分。

 本作では、連続自殺事件の真相が明らかになり、敵役との戦いが始まるところです。今回も貴志祐介氏の巧みさ、読者との駆け引きを中心に見ていきます。

 まずは「転」の前半、第10章「ガイヤの息子」から第12章「蜘蛛」までを。この「転」の前半では第10章で、本作の重要人物、依田健二教授が登場します。彼の役割は「憑依」の原因を突き止めるために現れるゴーストバスターですが、同時にヒロイン早苗とムフフになることが登場時から想定されるヒーロー役でもあります。

【貴志先生の新刊です】↓

続きを読む "天使の囀り3【ネタばれ御免の読書感想文】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使の囀り2【ネタばれ御免の読書感想文】

Tensi1 「天使の囀り」読書感想文、第2弾です。前回はいわゆる起承転結の「起」にあたるところ、物語の導入部として第1章から第4章まで見ていきました。

 それは、ヒロイン早苗のBF(ボーイフレンドの略ね)高梨がアマゾン探検に向かい、現地で特異な体験をし、帰国後、「何かに憑かれた」ように性欲と食欲が増進され、彼が最も恐れていた「死」をむしろ歓迎するかのようになった、というものでした。

 そして第4章「憑依」は高梨の自殺を以って幕を閉じ、物語は第5章以下の起承転結でいうところの「承」へと展開していきます。

【貴志先生の新刊です】↓

続きを読む "天使の囀り2【ネタばれ御免の読書感想文】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使の囀り【ネタばれ御免の読書感想文】

Tenshi  おはようございます、朝っぱらから蝉が狂ったように嘶いて(いなないて)おります。盛夏、子どもらは夏休みですね。夏といえば○○文庫の100冊、ではないですが、やはり読書。行者も皆さんにお薦めいただいた貴志祐介氏の「天使囀り」を読み始めました。これが中々面白いので、読書感想文を随時掲載していきたいと思います。題して、【ネタばれ御免の読書感想文】
 
 内容以上に、いかに貴志作品が読者を惹きつける技法を採っているのかについて見ていければ、と思っております。初回は、19章、445頁ある「天使囀り」の中から1章から4章までについて記すことにします。

【貴志先生の新刊です】↓

続きを読む "天使の囀り【ネタばれ御免の読書感想文】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)