立ち読みプロレス

ビル・ロビンソン先生の金言集【立ち読みプロレス】

Robinson  行者のログ道の1コーナー、『立ち読みプロレス』は、その名のとおり、立ち読みしたプロレス、格闘技雑誌の内容を営業妨害にならない範囲でお伝えするもので、かつては毎週木曜日発信と決めていましたが、昨今は週に一度か二度投稿できれば良いところなので、曜日が云々などといってもいられません。さっそくですが、始めさせていただきます。今回はkamipuroからキャッチマスター、ビル・ロビンソン先生のインタビューをかいつまんでご報告します。

(其の一)ジョシュバーネットがミノタウロ・ノゲイラを破ったからといって、キャッチレスリングがブラジリアン柔術を凌駕したとするのは、早計である。ノゲイラの技術の中にレスリング的な要素があり、一方でジョシュの技術に柔術的な要素がある。かつて柔道、柔術が海を渡りレスリングと出合ったとき、両者はお互いの技術に影響を与え合ったのだ。つまり双方の技術は既に混合している所があるのである。

(其の弐)現在、世界中を捜してもキャッチレスリングを指導できるのは、ビル・ロビンソンとカール・ゴッチだけである。よってキャッチレスリングを学びたい諸君は、

続きを読む "ビル・ロビンソン先生の金言集【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月5日号【立ち読みプロレス】

060405  昨今、巷では「NO ×× NO LIFE」という文句をよく目にします。例えば、「NO MUSIC NO LIFE」「NO FOOTBALL NO LIFE」等々ですが、人間、衣食住足りれば十分生きていけるので、あまり大げさなことは言わないほうがよいのではないかと、老婆心ながら思ってしまいます。

 せいぜい趣味性の領域に過ぎないものは、こっそりと楽しめばよいのではないでしょうか。そう、私の立ち読みのように。木曜日の夜は行者の密やかな愉しみ、立ち読みしたプロレス雑誌の概要をお伝えする、【立ち読みプロレス】をお届けします。本日は〈週間プロレス〉の4月5日号からです。

〈IWGPヘビー級選手権試合B・レスナーIWGPヘビー級選手権試合〉
 B・レスナー(王者)と曙(挑戦者)の一戦は、我らが”ボノ”が、元WWEの王者のレスナーから幻の3カウントを奪う大善戦を見せたようです。巻頭カラーの吼えるボノの写真を見ていると、もうプロレス界の横綱になったのでは?と思わせる頼もしさ。ビッグ・サカからの柔道技を学んだようでもあるし、ボノがチャンピオンベルトを巻く日はそう遠くはないでしょう。ガンバレ!ボノ!!

続きを読む "4月5日号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月22日号【立ち読みプロレス】

060322  木曜日、週間プロレスを立ち読みに行くと、本屋には少なくない立ち読み客。中には明日、金曜日の宴席を調べにガイドブックを漁りに来たという御仁もいるかも知れない。本屋としては、客が多いのはいいんでしょうが、それが立ち読み客ばかりでは困る。

そこで、立ち読みした雑誌の概要を記し、読み手に雑誌購入の意欲を喚起するという役割があるのが、この【立ち読みプロレス】。単なる立ち読み客とは一線を画しているということを強調しながら、本日は3月22日号の見どころを。

続きを読む "3月22日号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月 8日号【立ち読みプロレス】

060308  週間プロレスを立ち読みしていると、となりに初老の男性が。彼も雑誌を熟読中。あれぇ?BI(馬場・猪木)世代のオールドファン?とちょっとうれしくなってしましましたが、彼が読んでいた雑誌は〈ランナー〉、マラソンの雑誌でした。

 そうですよねえ、いい大人でプロレス雑誌を立ち読みしているのは、そんないないんですよね。血だるまになっている男達の裸や絶叫に嬉々として読みいっているスーツ姿の男。俺もある意味プロレスラーだ。

続きを読む "3月 8日号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田恭子と田村でつながる【立ち読みプロレス】号外

TAMURA  いやあ、だったら最初から言ってくれてたら、良かったのに。ウチキョー、俺ら田村つながりじゃん。いや、恐れ入りました。たしかに来週のプライドはなんといっても〈田村 VS ノゲイラ〉、でしょう!いやほんと、〈すぽると〉みたいな人気番組で言ってくれてホントに多謝!!(^O^)

 しかもタムちゃんに「ガチで勝負しろ!」って言われた白ふんどしのナルシストにかましてくれたんだから、痛快ていうか、もう俺TVの前で号泣したっす、マジで。(T_T)で、俺ら、田村つながりじゃん、

続きを読む "内田恭子と田村でつながる【立ち読みプロレス】号外"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2月8日号【立ち読みプロレス】

060215  木曜日は行者がプロレス雑誌を立ち読みする日、きっと本屋では店員さんから「木曜日のカレ」なんて呼ばれてるのかなって、、馬鹿げた妄想に耽る僕はレスラー体質。立ち読みプロレス、2月8日号はじめます。

〈COVER SPECIAL 新日本契約更改〉

 既にこのブログでお伝えした通り我らが【無我】西村 修は、新日本プロレスから退団することになりましたが、その心境にせまるロングインタビューが掲載されています。その中でどうも気がかりな記述が、、西村は今、フロリダはタンパに住み、ゴッチ、ドリーファンクjr、ジャックブリスコら往年の名レスラーと親交を深めているようです。一体西村は老人達と何の話をしているのでしょうか。「勉強になる」というセリフがかえって疑念を生みます。

続きを読む "2月8日号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西村、フリーバードに【立ち読みプロレス】号外

 週間プロレスの記事ではないが、衝撃的なニュースが入ってきたので号外としてお伝えしたい。あの【無我】西村修が新日本プロレスを退団するというのだ。昨年秋に長州独裁政権が樹立されて以来、不穏当な発言を繰り返してきた西村であったが、ついにこの1月の契約更改時にフリーランスに転進することに決したようだ。

 「フリーバードになる」と言葉を発し、お世話になった新日本プロレスのシンボルマークの前で何故か座禅を組み瞑想に耽る、相変わらずな西村であるが、今後の動向に注目が集まる。さて、ここでやはり気になるのは、

続きを読む "西村、フリーバードに【立ち読みプロレス】号外"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月18&25日合併号【立ち読みプロレス】

060118-25  こんばんは、木曜日の夜は行者が立ち読みした雑誌【週間プロレス】の雑感を伝える、【立ち読みプロレス】の日です。新年第一回目は〈1月18&25日合併号〉からです。

〈週プロお年玉企画 小橋建太&佐々木健介 初夢対談〉
 巻頭を飾る記事は、NOAHのエース小橋建太さんと佐々木健介の120分にわたる対談。昨年シングルマッチを闘った二人は、今年タッグを組む予定のようです。意気投合した二人の気になる書初めは、小橋さんが「一致団結」で佐々木クンが「家族団らん」でした。

続きを読む "1月18&25日合併号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月4日発売号【立ち読みプロレス】

060104  いよいよ、大晦日まであと10日あまり。恒例となった年末の格闘技祭りでは、PRIDEで田村、Dynamaite!で秋山が不参加という残念なニュースが伝わってきています。

 一方プロレスの方は、いよいよ年明け、1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会のカードが明らかになってきました。期待したケンドーカンシの参戦はない模様。これも極めて残念な展開です。まあ、残念がっていてもしようがないので、【立ち読みプロレス】、1月4日発売号からお届けします。

続きを読む "1月4日発売号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月14日号【立ち読みプロレス】

051214

 いよいよ12月、忘年会シーズンです。本日は金曜日、早速宴会だというご仁もいらっしゃるかも知れません。【立ち読みプロレス】を読んでいただき、宴の話題にしていただければと思います。

 特に女子の諸君らは上司、同僚にプロレスネタを持ちかけて、「なかなか話せるヤツ」という印象を与えましょう。運よく事が運べば、二次会で試合を組まれることになるかも知れません。その時には日頃の怨恨を大いに晴らしていただければ、と思います。で、「新日本は生まれ変われるか?」と題した12月14日号の週刊プロレス。

続きを読む "12月14日号【立ち読みプロレス】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)