恋愛

70代女性 三角関係が心配【相談批評、俺も答える!】

悩み、それは人生。悩み、それは滑稽。いわゆる人生相談の類を検証し、お節介ながら行者も一言助言差し上げる相談批評。本日のお悩みはこちら。

【70代女性 三角関係が心配】読売新聞 人生案内より

相談の詳細はこちらに↓

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/danjo/20090806-OYT8T00273.htm

 今回のご相談は、「ロマンチストで、おしゃれが大好きな、自称60代の70代後半のレディからのお悩み。彼氏となったダンスパートナーの真意がわかんないッ!とのこと。

 ご回答は、相談界の重鎮、大日向雅美先生。長らく母性神話と闘ってきた先生が、「オンナ」という女性のもう一つの顔を専門の心理学でどう裁くのか、見ものです。

 さて、この老いらくの恋に大日向先生は、「前向きな生き方と感心」と持ち上げながらも、「正直釈然としない気持ち」と話言葉で本音を吐露されております。

 細かいところですが、普通の文章なら「正直言って釈然と・・・」と書くハズです。ちょっとクダけた調子で、これから始める糾弾の言葉に、柔らかさを持たせているのかも知れません。

 流石はわが国を代表する心理学者。年長の同性の扱いを心得てらっしゃれる。「実年齢より一回り若く見られる」なんて言う、実はこの相談における真のストロングポイントを復誦してあげてもいます。

 が、先生はやはり常識家。「分別」という言葉を繰り返し使って(ぶんべつ、ではないですよ。ふんべつ、ですよ)彼女に迫ります「アンタ、妬く前にさあ、それ不倫じゃね!?」と。

 そして、 「彼の不誠実さを悩む前に、ご自身の判断と責任のあり方を見つめることが先決」と、大鉄槌を下ろしておられます。先生、御尤も。勝負あった!

 今回のご相談、 「何度か会ううちに男女の仲になってしまいました。」なんていう、若輩行者が気絶するような刺激的な告白もあり、年の功?には、到底かなうまいと半ば白旗を揚げておりましたが、天下の正論に救われました。

では、最後に行者から一言。

 「ばあちゃん、悩みとか自慢とか、心のゴミは分別してから外に出そうね!」


~ あなたの悩みに行者が横槍! →
 【相談批評】はこちらから

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エセ草食系、「隠れ肉」を糾弾す【行者の造語縁起】

コネタマ参加中: 【男性限定】自分はいわゆる“草食系男子”だと思いますか?

 問いには後段でお答えするとして、、

 

世に草食系男子というものがいるらしい。ベジタリアンのオノコではない、恋愛にオクテ、あるいは恋愛に相当に無関心、さらには己を愛でることに熱心、そういう今ドキの男性というものだ。

 考えてみれば、男性の全般的な非肉食化、つまりは非肉食化、ひいては中性化とも90年代初頭から顕著なように思える。「男らしさ」がオスの生存にとって、必ずしも有利に働かないというパラドクスの中、「男らしさ」というものの意味が薄れたのではないか。

 分かりやすく言えば、汗臭いヤツよりオシャレな子がモテるという状況に下種なオスどもが応対していった結果ということだ。またこのことを、「生産」と「消費」という観点から考えてみるのも面白い。

 ということになると、草食系諸君の相当数は「隠れ肉食系」であり、そのような男子くんを、行者は「隠れ肉」又は「雑食系男子」と命名したい。野菜を食しつつも、実は肉を求め、時折果物や昆虫までにも手を伸ばす。「草食系」というカテゴリーには、そんな不逞の輩も混ざっておるので、「草食好き」の女性らには注意を喚起しておく。

 因みにこの行者は、いわば断食系男子ともいうべきオスなり。何のことを言ってるのか自分でも分からないが、「断食」という言葉に響きに合点がいく同胞諸君も多いのではあるまいか。ともあれ、生き物と己に生存の為に、状況に適応するものである。

 はじめに言葉ありき。行者の新造語はこちらから →  【行者の造語縁起】

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

 


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主婦の「ときめき」と製品・リサーチの関連性【憶測の段】

 家庭の危機!? 「最近夫以外の男性にときめいた」主婦は74.0%
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=883910&media_id=17

 「主婦の約8割 ときめき求める」との刺激的なタイトルに惹かれ、しばし一考。まあ、それはそうだ。貨幣による対価のない労働者諸君らにも「ときめき」は必要であり、ジッサイときめくこともしばしばあるのだろう。

 食品の値下げ、バーゲン、子どもの通知簿、夫のボーナス、ポイントが2倍、不燃ゴミを出し忘れなかった等等、考えてみれば、主婦らの暮らしの中に心ときめくシーンは満載である。

 と、思ってこの記事を詳しく繰ってみると、、、

 なんと色情の類に関しての「ときめき」であった。うむ、そっちのハナシか。

 それは人間であれば普遍的な感情、社会的諸関係に関わらず人間が持ち、持て余す厄介なもの。できれば、忙しい彼女らの暮らしから、そのようなものは排除して差し上げたい。お節介かも知れませんが。。。

 ところで、このリサーチ、P&Gなるメーカーが、柔軟剤入り洗剤「ボールド」のパッケージリニューアルを記念して、主婦と20代男性を対象にしたものらしい。

 製品とリサーチの関連性については、理解に苦しむものがあるが、20代男性をもリサーチにすえたあたりがニクイ。「ウチらまだイケてんの!?」という購入層の深刻な想いに応えてのものと【憶測】するものである。

 90年代のゲーム業界を席捲した「ときめき」はこれだ↓

ほとばしる空想!論拠乏しき行者の憶測はこちらから → 【憶測の段】

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

 


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横恋慕する80代男性【相談批評、俺も答える!】

悩み、それは人生。悩み、それは滑稽。いわゆる人生相談の類を検証し、お節介ながら行者も一言助言差し上げる相談批評。本日のお悩みはこちら。

【横恋慕する80代男性】読売新聞 人生案内より

相談の詳細はこちらに↓

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/danjo/20080524-OYT8T00206.htm

 さて今回のご相談。恋する惑星で生まれ長じ、そしてフィナーレに向かおうとしているグランパの深い深い悩みです。

 今回、ご相談を受けたのは、相談界の肝っ玉母さんこと評論家樋口恵子です。「高齢社会をよくする女性の会」を率いるおっかさんの名回答が期待されます。 

 さて、相談者の80代のおじいちゃん、否、人生の大先輩。恋煩いでモンモンアカデミー、そんな状態のようです。看護師さんを焦がれる想いが募り、心労でダウン。重篤な状態から見事に復帰して、看護師さんに”I LOVE YOU”の言葉を!まるで、ロッカーのような振る舞い!

 そして、「今後、どのようにしたらいいでしょうか」とのお悩み相談です。(、、、おじいちゃん、自分で考えたら、、、)

 このおじいちゃんの勇み足に、高齢者のガーディアン、恵子先生はまずこう言います。

 

「『好きです』」

 え、ウソぉ!?

 「いい言葉ですね」

 あ、なんだ、そういうことですか。恵子先生も触発されて、老いらくの恋モードがバーニングアップ!かと、誤解してしまいました。80代男性の想いの率直さを認めてあげたんですね。配慮が行き届いています。

 「心の中で縦横に愛の翼を羽ばたかせる自由を誰も止めることはできません。」なんて、シビれる言い回しで。

 そして、その上で先生はバッサリと言い切ります、もうそれ以上何もするなと。相手に迷惑だと。「相手に詰め寄って困らせたりしないのが、愛における年の功」とシメられては、相談者も二の句が告げないではないでしょうか。いやいや、厳しいながらも非常に的確な回答に脱帽です。

 そりゃそうでしょ、「好き」と言われ、その上何か具体的な行動に出ようものなら、看護師さんにとっては本当に迷惑でしょう。職業柄、邪険にもできないこれはもう労災みたいなもんですよ。

 おじいちゃん、だいたい「受け付けをてきぱき済ませ」「小生の耳元でささやいて」なんていう彼女への評価、イヤラシイだけでなく、なんだか上から目線に聞こえますよ。恵子先生もその点を感ずいておられるような、、、
 

では、最後に行者から一言。

 「秘めた想いは唄に託して。おじいちゃん!施設でバンド組んだらどうですか?」


~ あなたの悩みに行者が横槍! →
 【相談批評】はこちらから

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (2)

セクシーなオタクのコンテスト【中年ビジョン】

『ワイアードが選ぶ最もセクシーなオタク』コンテスト、2008年版

 

セクシーなオタクとは、ある意味反語的な表現であるが、この中年の関心をソソった。ハテ、セクシーなオタクとは、、、

本件の詳細はこちらから

 成る程。専門的あるはマニアックな事柄について、深い造詣を持つ美人さんというのは、いるもので、個人的な趣味を言わせてもらうなら、第2位にランクインされているゲームデザイナーのJade Raymondさん、あるいは第6位のJewel Staiteさんの雰囲気が好みである。

 Raymondさんは軍事学を修了されておられるとか。いずれ一献傾けながら、洋の東西を越えて、武功話に花を咲かせたいもの。彼女のサイトはこちらでござる。忠臣蔵!?

 ところで、専門家、マニアがオタクなのか、という問題がある。オタクの定義を云々することは措くとして、オタク特有の屈折感がセクシーな彼女らには感じられないのも事実だ。本邦においても、昨今のコスプレ諸君らは、屈託のない見目麗しいガル(*)も少なくない。

 *行者はギャルをこう呼ぶ

 が、同胞、否、隣人として、やはりオタクは3次元世界での挫折から、2次元などの異界に向かった人々であって欲しい。ということで、行者としては今後も伝統的な「漫研女子」に注目していきたい。

 彼女らが好みのコスプレで他人から見られる機会を得て、そのことが自尊と寛容、交際術を快復し、最終的には「普通の女子」というコスプレを獲得し、笑顔で3次元世界に復帰することを期待する。

 人間の美において、微笑みに勝るものはない。そう思う。

・・・ 
 補足ながら、コスプレが雑誌、毛染め、カラーコンタクトという、新たな消費を生んでいることにも触れておく。

【中年ビジョン】は、中年の目線で関心事を追います。 過去記事はこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫刺した妻「SMの女王」の仮面嗜好【憶測の段】

リンク: ブログで殺害予告した後 夫刺した妻は「SMの女王」だった - 速報 ニュース:@nifty.

 報道によれば、SM嬢を生業とする35歳の主婦が包丁とアイスピックを用意して、浮気した亭主に報復テロを敢行したらしい。夫は負傷したものの命に別状は無いようだ。

 この一件、興味深い点は、事件の原因について、夫と妻の間で主張が異なるところだ。妻は「浮気してんじゃねえYO!」と喚(わめ)いているが、夫は「そもそも結婚生活の実態がNOTHING!」と反論。

 夫の主張によれば、いわゆる不貞行為は成立しないが、一応は恋仲であった二人であろうから、これは痴情のもつれであることには相違ないだろう。「妻」も見ず知らずの相手を刺したわけではないのだから。

*民法における不貞行為の定義(こちらを参照

 

【憶測】するに、この妻、SM嬢にして、プロレスファンということだから、マスクにゆかりの深い御仁。成る程、夫との関係も「仮面夫婦」だったということか。

 夫婦で闘いの顛末、展開をご丁寧にも、それぞれのブログで発表するというのだから、いずれにしても人目を意識して、人前で闘うのが好きな諸君ら*ということであろう。

 *夫は格闘技ジム経営の情報あり

 ともかく、暴力はイカンよ、暴力は。

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

 


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の「元彼」忘れられない(40歳代女性)【相談批評・俺も答える】

悩み、それは人生。悩み、それは滑稽。いわゆる人生相談の類を検証し、お節介ながら行者も一言助言差し上げる相談批評。本日のお悩みはこちら。

【娘の「元彼」忘れられない (40歳代女性)読売新聞 人生案内より

相談の詳細はこちらに↓

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/danjo/20081206-OYT8T00174.htm

 さて今回のご相談。娘のかつての交際者、今風に言えば「元カレ」というものでしょうか、その男が忘れられない、というおっかさんの悲痛な叫びです。

 今回、ご相談を受けたのは、女性の諸問題を最前線でルポする、おなじみ作家の久田恵先生。先生は             「ファンタスティックなことを考えたり、みつけたり、プロデュースしたりする広場、『花げし舎』」を立ち上げておられます。 さてさて、先生のファンタスティックな名回答が期待されます。

 娘の元交際者に恋慕し、あまつさえストーカーまがいの挙動に及んだという、この驚愕の告白に、恋のアナリスト、久田先生も「落ち着け」「自制心を取り戻せ」「今の生活を省みろ」と、相談者に励ましているものの、「人には、驚くようなことが起こりますね」と、驚きの様子を隠せないようです。


 そして、「あなたの行為は尋常ではない、娘に軽蔑されるYO」と、ちょっとした脅しをかけて、なんとか40代の悩めるレディを常道に復させようと熱心に声をかけておられます。いつものことなんですが、恋に悩める中年に対する先生の熱心さは、目をみはるものがありますね。

 「自己制御を」「客観的に」と、諌めながらも、この母の慕情は否定していないところが今回の回答の特筆すべき点です。

 深刻なものとして受け止めるべきかも知れない今回の相談。ご本人に正気を取り戻していただくためにも、この行者、あえてこの悩みを笑い話とさせていただくとして、、 

 まあ、40歳代の母といっても、まだまだ気の若い方もいらっしゃいます。このジェネレーションは主役感が抜けないバブル直撃世代。隙あらば、お立ち台への復帰を目論む、それも無意識に、そんな世代かと思います。20歳代の娘さんや元カレの方が、よっぽど大人かも知れませんね。

 

「母だって、恋してもいいじゃない!」なんて言ってみると、なんとなーく80年代の香りがしてきますしねえ、、、まあ、「彼のことを思うと涙が出てくる」なんて言わずにさあ、、、ドラマじゃないんだから。。。

では、最後に行者から一言。

 「お母さん、失恋を忘れるには新しい恋をすること。娘さんに新カレを作ってもらいなYO!」


~ あなたの悩みに行者が横槍! →
 【相談批評】はこちらから

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫に近づく近所の主婦(50歳代女性)【相談批評・俺も答える】

悩み、それは人生。悩み、それは滑稽。いわゆる人生相談の類を検証し、お節介ながら行者も一言助言差し上げる相談批評。本日のお悩みはこちら。

【夫に近づく近所の主婦 (50歳代女性)読売新聞 人生案内より

相談の詳細はこちらに↓

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/danjo/20081117-OYT8T00208.htm

 さて今回のご相談。引っ越した先で近所の40代主婦が夫に近づいてくる、夫仲良く話す姿を度々見た、マジメ一筋の夫が誘惑されるのでは!?彼女の夫は単身赴任中だし、、、との50代妻の憂悶です。

 今回、ご相談を受けた「恋の手錬」の作家の久田恵先生は、自著のタイトルのごとく、妄想に陥りそうな相談者にやさしく応えておられます、「大丈夫」と。

 久田先生は、「疑心暗鬼になってウツウツとするのはかえってマイナスよ」とやさしく諭しながら、「夫にジョークまじりでくぎを刺せ」と具体的な対策についても示し、「主婦同士、彼女と親しくなる作戦が歯止め策」と的確な指南をされてます。

 「ウツウツ」という表現もなんだかポップで、先生の相談者に対する配慮が見えますね。「変態」と言われるより、「エロエロ」って言われたほうが、気楽に受け取れますもんね!「ジョークでくぎ」なんていうのも基礎的なノウハウ。

 最後に「自信を持ちましょうよ!」と励ましておられますが、総じて相談者のウブさに、あえて軽いタッチで応える回答法と拝察します。でも先生、「ときめかれる夫を持っているなんてうらやましい」とは言い過ぎでは?相談者は自慢に思うどころか、いよいよ妄想を膨らませるように思います。

 ...まあ、40代主婦が相談者と顔を合わせるたびに、気まずそうな顔をするのは、相談者の顔に「あんたぁ~私のダンナに手ぇ出すんじゃねーよぉおお」と額に「怒」マークを貼っつけているからではないでしょうか?

 そりゃあんたのダンナだって立ち話くらいしますよ、普通。そもそも「老後を夫と暮らすために引越した」「マジメ一筋の夫」というあたりから、相談者の独占欲の強さ、反面における不安感というものも滲んでいるように思えるのですが。

 では、最後に行者から一言。

 「奥さん、老後は長いですよ!50代で一悶着あるくらいがかえっていいのでは?」


~ あなたの悩みに行者が横槍! →
 【相談批評】はこちらから

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップル 初エッチ 30代 アンケート【検索の窓から】

Hatyecchi ログ道★迷い筆に訪れてきた人の検索キーワードを面白がって考証するコーナー【検索 の窓から】。今回ご紹介する気になる検索ワード/フレーズは『カップル 初エッチ 30代 アンケートです。

 学術的な立場からか、30代のカップルが、初めて褥(しとね)を共にする時機を調べてらっしゃる方がおられるようです。あるいは、自身の深刻な状況・課題から検索ボタンをクリックせざる得なかったのかも知れません。

 たしかに、30代で懇ろになったカップルが、肉体関係に至るまでどれくらいの時間を要するのかを考えてみるとそれは大変興味深いものがあります。というのは、いい大人だからといって、必ずもそこにアッサリと向かうわけではなかろうと思えるからです。

 30代の独身男女の関係には、常に頭をもたげるものがあるでしょう。そう、結婚です。互いの意向を図りながら進める微妙でスリリングな関係。その中になってベットインはあ
まりに端的なものとなってしまうのではないでしょうか。

 

事後に「あ、ゴメンゴメン、それとこれとは別やねん」と笑って言えたら大したものです。案外男女ともそう考えているようにも思いますが。

 (また、結婚を前提としての見合いなどの出会いであった場合は、かえって婚前交渉は難しいものとなってしまう可能性があります。お互い「軽い」と思われたくないのが人情です。)

  ところで、世間にはこのような本が流布しているようです。

 30代の初エッチも気になるところですが、中年のチェリーorバージンにも憂慮するものがあります、、、まあ、お節介なことなんでしょうが。ちなみに行者傘下の調査会社『軒猿リサーチ』による初エッチに関するアンケートはこちらに。

【キーワードにちなんで】

中年童貞日記なる雑誌SPA!のサイトがあるようです。『中××日記』という並びにNHKのドラマ『中学生日記』を思い出しました。NHKで中年童貞の日々をドラマ化したら面白いかも。

~かつてこんな検索があった、、、→ 【検索の窓から】をもっと読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4

 

TOPへ

Hp_top_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OL三国志演義【第二部】第二幕第四段つづき

~ 十条寺は罠に落ちるも、西の狼が現る ~

Sangosuki032

 「まあ、アッチの方は、結構マジメやん?」  そう切り替えしたのは雁田憲和だった。

 その驚愕の発言に、さすがの操猛美も一瞬口ごもってしまった。『悪い=カッコいい、マジメ=ダサイ』という、なんとも幼稚な世界観が、まさか社会人の宴席で語られるなどとは、切れ者陰謀家、操猛美にとっても想定外であったのだ。

 「俺らは、ワルかったからなあ!なあ、玄田ちゃん!」    やめて、、、お願い、、、ヤンキー武勇列伝、、、そんなダサすぎる過去をエグらんといて、、、玄田徳子はほとんどグロッキー状態。宴会前半までの舞い上がりぶりはどこふく風か。

 隣にいた男子何某が、大丈夫?飲みすぎ?とかける声にも上の空。

 「なあ、二年時の体育祭あったやん?あん時、俺ら、ブッチしようぜって言ってたやん、でも、西ネヤ(*)のヤンキーが俺らのクラスのコ、あのほら、浅香唯に似てた、、、」まくしたてる雁田憲和の言葉が耳の奥でこだましてる、、、  

*註 西寝屋川高校    

 酔いと極度の不快感で心身阻喪状態になった玄田徳子はグラスを握ったまま、固まったしまっている。そしてその口もとは、よく見ると僅かに微笑んでいる。

続きを読む "OL三国志演義【第二部】第二幕第四段つづき"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧