映画・テレビ

「なくもんか」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】 ★★★ 3/5点  

 やや冗長ながら、それなり楽しめる、「はずさない」宮藤、阿部コンビの人情コメディ。友人らと映画の日、レイトショーの割安料金で程よい作品です。11月14日(土)から公開、しばらくはやっているでしょう。で、レビューですが・・・

本作の詳細はこちらから↓

なくもんか@映画生活

・・・

 相変わらず面白い、宮藤、阿部コンビ+皆川猿時。特に阿部サダヲの細かい描写や、ちょっとしたギャグが行者の好みに適うので(女装時のまあ楽しそうなこと!)、最後まで楽しく見ることができました。ので、概ね満足なのですが、、、

 お話のほうがどうも、散漫というか何んというか。人情ドラマのパロディをやっているのか、それそのものをやろうとしているのか、後段になってくると判然としなくなってしまったように感じられました。

 宮藤ドラマの面白いところは、笑って見終わって最後に引っかかるというか、問題意識というものをくすぐる、いわば社会性のようなものがあるのですが、今回の一作は、あ、終わった、という感じで、何も残りません。

 全編を通じて顔を出すエコロジーの話、もう少し深いところで、作品のテーマ性と結びついていたのなら、と思ったりもします。ざっくりしてるなあ、と宮藤のコンディションを少し心配もしたり。

 本作の監督は水田伸生さんで、宮藤官九郎は脚本。脚本はもう少し違った趣のあるものだったのでは、とファン心理がもたげる一作でもありました。

 なお、俳優陣は、血縁の不条理、父親の抑圧性を不気味に演じた伊原剛志が良。夏目漱石も言ってましたが、肉親はまとわりつく、家族の問題は簡単に片付かんのです。

 また、竹内結子さんも下町の女性をコミカルに好演。これまで、あまり興味の沸かなかった方なんですが、達者なんだなあと、さざなみのような思いが胸に広がりました、

 明日ぁ、津波になるかもよ!ってことだ!!

 

映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (12)

美男があのライダーマンに変身【中年ビジョン】

GACKTが超美形ライダーマンに“変身”!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=879917&media_id=54

 分裂症的な現代美を思わせるデザインの仮面ライダーディケイド。ディケイドは「本当の居場所」を探して旅を続ける。このライダー・ロードムービーとも言える作品のOPを歌うのは、ガンダム00のOPも担った、昨今オタクづいているようにお見受けするGACKT氏。

 ところで、ライダーマンといえば、顔が半分露出している最もブサイクなライダー。行者はこのおよそヒーロー的でないライダーが一番の気に入りであ るが、本人の選択か、演出上定められたものか、いずれかは不明であるが、著名で女子にも人気のGACKT氏がライダーマンを演じてくれ、フューチャーしてくれたことに感謝の意を表したい。

 因みに今日まで続く主役のライダーと張り合う「サブライダー」の始まりはこのライダーマンであり、平成ライダーにおいても、地獄兄弟やライダー・イクサなどの主役を食うような人気サブ・ライダーを輩出している。

 *ライダーマンは仮面ライダーV3の脇役

 「歌い継がれるものは、アニソンか特撮」と、うれしい発言もあるGACKT氏。美形ゆえに矯正されずに育ったであろう氏のチャイルドハートに今後も期待したい。
・・・

 ライダーのモチーフはイナゴ、カブトムシなどの昆虫。虫に「変身」とは、かのカフカの作品を思い出させる。石森先生にあっては折込済みか。



【中年ビジョン】は、中年の目線で関心事を追います。 過去記事はこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー&シガレッツ【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】3.5/5点 

 

ジャームッシュのコーヒー&シガレッツ、はずれのないジャームッシュの佳作。コーヒーとタバコという「不健康な嗜好品」を前しての人々の会話。健康ブームが長きにわたって続くアメリカ社会への皮肉

 

イギーポップとトム・ウェイツ、「24アワー・パーティ・ピープル」スティーヴ・クーガンらの染み出 すようなユーモアが心地よい。

 が、さらに興味深いのはケイト・ブランシェットの二役。セレブ女優と売れないシンガーという、いとこ同士の二役を好演。二人のやり取り自体が業界 へのシニカルなメッセージとなっている。高級ブランドの試供品をプレゼントにしたケイトにシェリーは言う。「高級品は金持ちにはタダで、本当に必要な人に は有料」、これは至言。エリザベス女王からボブ・ディランをも演じた彼女に興味が尽きない。

映画、コミックなどなど!行者のレビュー集 → 行者の聴いた観た読んだ

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

K-20 怪人二十面相・伝【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】1.5/5点 

 想像以上に面白かった等等の好意的なレビューを受けて、ゲバラを避けて臨んだ本作。皆さん「想像以上」とは、相当に酷いものを想像されていたというこでしょうか?私には普通に「?」な作品でした。

 「日本テレビ開局55周年記念映画」ということですが、周年記念事業の難しいところでしょうか。舞台裏を想像してしまいます。

 時間のある方は、ツッコミどころを味わいながら、TV放映等無料で楽しまれては、如何でしょうか。

本作の詳細はこちらから↓

K-20 怪人二十面相・伝@映画生活

・・・

 愚生、もとより他人様の生業、営業行為を妨害する意図はなく、亦、製作物には可能な限り好意的でありたい、よい部分を汲みたいと心がけてはおるのですが、、、

 まず、松たか子さんのお嬢様。おてんば「あんみつ姫」ぶりに閉口。新春かくし芸大会を見る思いがしました。それほど典型的かつ、深みが乏しい。かなり無理な設定にも、全て「良家の子女のたしなみ☆」で済まされては、、、ベテラン俳優陣も「典型的」な人物像を演じるばかりで、味わいがない。

 もちろん、エンターティメントなので、演技は総じてライトになるものですが、一定の水準には届いて欲しい。皆さん「他の誰がやっても同じ」、という感じです。主演級の方々の個性が活かされていないように受け止められました。

 一方で何故か、蛇足的に凝る小林少年の人物設定、演出。脇を固める人物は、過不足なく描くのが鉄則ではないでしょうか。濃淡のバランスを欠いているように思われます。

 特に不必要な架空の設定、この中における社会情勢への中途半端なオマージュ。これも如何なものか。華族やファシズムが1950年代にどのような形式で延長されているのか、これに対する洞察というものが見られません。

 「極端な格差社会」ということですが、それは自由な競争がもたらすものではないでしょうか?統制的な国家社会主義の下では、ほとんどの人は平等です。その貧しさにおいて。わずか一部に特権階級がいるのは「格差社会」ではなく、むしろ「階級社会」でしょう。

 そして、ミステリィにおいて何よりも重要な、「どんでん返し」、これの凡庸さ。多くの人は最初から真犯人を知っていたのでは?あるいは知っていたとしても、それが解明されるまでのプロセスに唸らせられるものがないと、ミステリィの旨みはほとんど無くなってしまうように思えます。

 「日本テレビ開局55周年記念映画」ということですから、その製作過程には様々なオーダーが横から割り込んだように思われます。出資者が存在する商品には、不可避的な現象ですが、エンドユーザーが満足できないシロモノとなってしまえば、誰の利益にもならんのです。

  國村隼はモーガン・フリーマン?映画「バットマン」シリーズを思わせるような設定、アイテムと、エンディングの次回作もあるでよ!という雰囲気。そうですか。それなら、次こそは、がんばってください。

映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年振り返り【行者の聴いた観た読んだ】

ログ道の読者諸兄、本年もお世話になりました。今年最後の更新を総集編的に。

【映画】
・全然大丈夫/ダークナイトパコと魔法の絵本
岡田義徳に惚れました。

【書籍】
風の如く、水の如く/信長燃ゆ/薩摩燃ゆ/生きて候/ノーム・チョムスキー
安部龍太郎作品の一年だったようです。チョムスキーには考え方というもの、そのものを考えさせられます。

【音楽】
リバティーンズなど近年の不良ロック
職場の後輩クンに触発されました。

【ライブ】
京都音楽博覧会での細野・岸田の「風をあつめて」

【スポーツ】
G大阪、アジアチャンピオンに。
中盤のカルテットのハーモニーを堪能。フリューゲルスの忘れ形見!遠藤の完成。

【展覧会】
液晶絵画・スティル/モーション
ジュリアン・オピーさんがよかったですね。イーノは、イーノ的でした。

【漫画】
トーマの心臓/岩本ナオ作品
とってある萩尾望都作品をボチボチ読んでいきます。岩本さんにはひそかに期待しております。

今年は観劇や格闘技観戦が皆無という年。うーん、来年は映画は月イチ。ライブ、絵画展は四半期に一度。観劇、格闘技は半期に一度、サッカーも2,3回は行きたいところ、です。

具体的には、文楽、小劇団、DEEPの大阪興行、ガンバ、サンガ、スペランツァあたりを。あーと、太陽の塔の入場に再トライ、、、などなど。

来年もボチボチ更新していきますので、引き続きご愛顧を。

平成二十年 大晦日 行者

映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「レッドクリフ・PART1」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】2.5/5点 

 「寒い」との噂も「涼しい」程度。俳優は良く、孔明と周喩のお琴によるジャムセッションが聴けるなど見所もあるが、映画としての完成度は微妙。また「三国志を知る」という観点からも難しいものがある。

 お時間にゆとりのある方に割引の日、時間帯での鑑賞をお勧めします。

 なお、お時間のない方は、こちらで三国志の世界に触れてください。
 ↓

そのうち三国志を読む君へ

 また、三国志関係の代表的な小説・コミック等のまとめ情報はこちらに
 ↓
 読むぜ三国志【DB】

 働く女性が群雄割拠。失われた10年のOL群像劇
 ↓ 

 OL三国志演義【ケータイ小説版】


【詳報】
 東アジアのベストセラー・三国志の世界を完全映画化した!との触れ込みの映画「レッドクリフ」(赤壁って意味)。ネットでは試写会を観たであろう諸兄の「寒い!」との声も上がっておりましたが、私の感想としては、「寒い」というほどのものではなく、せいぜい「涼しい」くらいのものでした。で、好ましかった点を中心に、、

 まず、俳優がよかった。不安視された金城武さんの諸葛孔明が、

続きを読む "映画「レッドクリフ・PART1」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

映画『パコと魔法の絵本』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

 作家、俳優ら手足れ達による孤独な現代人を癒す寓話。お話はいたってシンプル、ちょっとした驚きもありますが、奇天烈な人々が入院するある病院での数日間の出来事。

 むしろシュアーな印象さえ与える阿部サダヲの怪演。確実に笑わせてくれます。愛らしいアヤカ・ウィルソンと、癪だがやはり愛らしい土屋”パンク”アンナ。妻夫木クン、國村氏も良。冗長になりかねない部分をCGを補うのもニクい。

 土屋氏曰く「賞とるんじゃね?」とのことだが、かなり濃厚な印象。

 ところで、おとぎ話という形式。普遍的な感情、教則な徳目を伝えるのに有効な手法であると同時に、昔話は隠喩としてタブーや陰惨な事件を語り伝えるもの。本作の内奥からは、殺伐とした現代の人間関係や、本源的な人の寂しさが浮かびあがります。

 まあ、いずれにしてもいい作品。涙腺のゆるさに加齢を感じます。意中の人と連れ立って行くなど悪事にもご利用ください。涙GET、堅いですぜ。

 余談ながら、ガンダム、エヴァ、ケロロなどなどアニメ関連の味付けが少々見られる本作。連邦の制服を着た黒人?カリビアン?は、むしろリアル。ジッサイ、肌の色の違うオタ
クも増えているんでしょうねえ。OH!WORLDWIDE!

 映画、漫画、ライブにプロレス、たまーにレビューしております → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

本作の詳細はこちらで →  パコと魔法の絵本@映画生活

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

 

Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (2)

映画『ダークナイト』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

 故人・ヒースレジャーの怪演が光る本作。暗い読後感を残すこの物語の中で最も強い印象を受けた点は、悪意の象徴、ジョーカーの協力者が後を絶たないという こと。バットマンがジョーカーを追い詰めても追い詰めても、彼は彼に従う者と連携して、巧みに反撃をする。その在りようは、あたかも掃討戦におけるゲリ ラ、民兵の趣である。次から次へと現れる『敵』にバットマンは、絶望する、自分の存在が彼らを生むのかと。

 評論の中には、本作のバットマン(私設自警団)をアメリカ合衆国(自称・世界の警察)と準(なぞら)えるものもあるが、

続きを読む "映画『ダークナイト』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ヤッターマンはやってしまったのか!?その2【行者の聴いた観た読んだ】

 昨日1月28日放送分のヤッターマンの第3話を見させてもらった。第2話と比べて、ストーリィーがやや散漫な印象を受けたが、うれしいことに三悪声優陣に復調の兆しが見られた。

 特に、小生が最も心配しているボヤッキー殿が、番組提供の紹介を十八番「全国の女子高生の皆しゃ~ん!」をネットリとダミ声で発し、ドクロベエ様とは楽屋オチ的で軽妙なやりとりを見せてくれた。うれしい限りである。

 ボ殿の復活「全国の~」を聴いた時には、瞬時にして、全国の女子高生らをなめ回したような愉楽に襲われたことを告白しておこう。まさに八奈見マジック。

 先般、ボ殿への要望(*1)を申し上げたところであるが、ネットには、この行者の他にも「ボヤッキー頑張れ!」という叱咤激励の声が見られる。その叫びは八奈見乗児先生にも届いておろう。

 

*1 ヤッターマンはやってしまったのか【行者の聴いた見た読んだ】

 本作がどのくらいの頻度でアフレコが行われているのか部外者である小生が知る由もないが、届いたであろう声援が作品に反映されるまでにはしばらく時間を要するであろう。

 我らダメ中年、真に復活するボヤッキーの姿を気長に待とうではないか。頑張れボヤッキー、頑張れ三悪声優陣!

 ●映画、漫画、ライブにプロレス、たまーにレビューしております → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

 

●行者が綴る二次元への愛の詩 → アニメ・コミックはこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤッターマンはやってしまったのか!?【行者の聴いた観た読んだ】

 

日本動画界の至宝、タツノコプロによる昭和の名作アニメ、ヤッターマンのリメイク版が放送開始されたということで、早速第二回目の放送を拝見させていただいた。私同様に30年ぶりにヤッターマンを観始めたという御仁も多いのではなかろうか。

 ジッサイ、ヤッターマンのオフィシャルサイトのBBSを覗いても、ダメ中年の熱いカキコで溢れている。
http://www.ytv.co.jp/yatterman/bbs/otayori.cgi

 これはのヤッターマンが我々世代に強く支持されているという証拠であり、同時にこの新作に対する期待感の高さの表れなのである。その意味では、新ヤッターマンが、往年のファンを満足させることは容易でないことが想像される。リメイク版の難しさだろう。

 さて、新ヤッターマン、この行者にとって、全体としては、決して不満足な仕上がりではなかったのであるが、一点、決定的と言ってもいいほどに、具合の悪いものある。それは、、、そう、ボヤッキーなのである。

続きを読む "ヤッターマンはやってしまったのか!?【行者の聴いた観た読んだ】"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧