(行者スポーツ)トボけた遠藤と北朝鮮戦

怒鳴りつけてきた相手に狼狽しながらも、なんとか怒鳴り返す、昨日の北朝鮮戦はそのような試合ではなかったか。

日本代表の心臓、遠藤保仁は喚(わめ)く相手にはトボけて返す。いなす。

肩透かしを食わせておいて、鋭い一言を突き刺す。

つまり、パスを捌(さば)き、散らし、そしてくさびの縦パスを通す。

ワールドカップ最終予選、そして14年ブラジル大会に向けて、指揮官のドナー探しは続く。


↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | トラックバック (0)

(行者スポーツ)オイルまみれのサムライ

アジアカップは面白い。日本代表チームの勝利は無論のこと、
プレーにも応援にも、それそれのお国柄や文化が滲(にじ)み
出ているようで、アジア・オセアニアの広大さに思いはせます。

さて、今般のアジアカップ予選グループリーグ敗退を受けて、
サウジアラビアの代表監督が解任されたそうです。それも今
大会中に二人目という、異例の決定。

解任された代表チーム元コーチ・ジョハル監督の政権は、そも
そも暫定的なものだったのでしょう。再建に向けての人事かと
は思います。

が、このようなシーンを、豊かな西アジアの産油国において、
何度か目にしてきた記憶があり、・・・


この続きは【週刊】行者★スポーツで

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラップラー オン ロードムービー 真也の旅

好みの問題でしょう。

私にはとって青木真也選手は本当に華のある選手。

桜庭和志選手にも劣らないポテンシャル、ドラマ性。

物語はまた始まったのだと、思いたい。

俺達はここに居てもいいのか

俺達はまたどこかに向かうのか

手探りで真夜中の高速を突っ走る

青木真也さんは、旅に出られるとのことですが、

失われた10年の世代、

ZEROジェネレーションのシンボルとして

彼もまた物語を背負うことのできる稀有なプロ競技者。

もう一度彼のページを開けたい。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | トラックバック (0)

(行者スポーツ) そうだ、青木くん、やめだ

先般、大晦日のダイナマイトで長島☆自演乙選手に、苦杯を喫した青木真也選手がブログで意味深発言をした。


まず、結論。

青木くん、やめろ、そして世界に打って出ろ。

負けて、勝って、そしてより逞しくなって帰ってきてくれ。

残念ながら今、この国に君を熱くする土俵はない。

AOKI、世界は未だ君と闘いたいと思っているはずだ!

大晦日、君の物語が新たに始まったと、俺は確信している。

以上。


以下は私、行者の偶感。

そもそも今回の試合形式(総合 VS K-1、ラウンド・ルールターン制)自体に難しいものがあったと思う。

土俵は違えどストライカー同士の闘いであれば無い話ではないが・・・

この続きは【週刊】行者★スポーツで

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓


Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才降臨!林葉直子さんブログ【行者のサイト探訪】

 元棋士にして官能小説家、今は占い師として活躍中の林葉直子さんをかつて本ブログで取り上げたことがある。

 その時も彼女の天才を讃えたが、やはり彼女のタレント性は天からの贈り物である。 (過去記事)珍説!林葉直子自己破産考【憶測の段】

 以下に、彼女のブログから最新記事を一部引用しますね。
 

【介護】

・・・叔父が具合が悪くて入院してたところのひどいこと。死を迎えるだけの患者さんがいっぱいなんだけど誰もお見舞いや身支度してあげてなくて可哀相だったぁ。臭い匂いのする病院はダメ、ね。介護で疲れてる人、いっぱいいると思うけど頑張って。

 ま、ぜんぜん関係ないけど痔になったらまずは、清潔に。でね、乾燥させたほうがいいみたいよ。女の人はおしりなんか見られたくないと思うけど、勇気をだしたら楽チンになるよ。かっこよくてやさしい先生、銀座にいるよ。


 「ま、ぜんぜん関係ないけど」、ってなんで唐突に「痔」の話なんだ!?その上、「かっこよくてやさしい先生、銀座にいるよ」って、、、直子さん、患ってらっしゃるンですか?

 うーーん、この話、強いて言えば「病院つながり」?だろうか。

 (たぶん)自分の体験に基づく有意義な情報は、つい発信してしまう林葉氏の人柄には、唐突な話題の展開も併せて、心温まるものがある。

 それに「楽チンっていうのも、林葉さんが書くとソソるしねえ。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのとき西郷が、やおら立った【本の言葉】

 そのとき西郷が、やおら立った。「長州藩のお歴々も、薩摩の者も、よう見てくだされ。オイの余興はこれでごわす」と股間をもそもそたくしあげて一物をとりだし、ローソクの灯で毛をジリジリと焼きはじめた。・・・(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)


 坂本竜馬の斡旋で、薩摩と長州が討幕同盟を結んだという話は、あまりにも有名であるが、薩長は、それまでは仇敵といってもよい間柄であった。とはいえ、両者は幕末において突出した尊王の雄藩。竜馬以前にも互いに接触を図り、親和に努めていたようである。

 上のエピソードは、薩長の志士によるある懇親会からのもの。酒が入り、場が荒れたところで、それを収めるために行った西郷隆盛の奇策。陰毛を焼かれては、血の気もひいたことだろうが、このシーンをされに突っ込んで考えると、、、

 西郷は象皮病を病んで、陰嚢が腫れ上がっていたという話がある。維新の風雲期の入り口あたるこの頃に、症状がどのようなものであったかは不明であるが、陰毛を焼くという奇行以上に一同が驚愕したのは、巨大化した西郷の陰嚢だったのかも知れない。

 曰く「西郷はデッカイ奴だ」と。



読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬は議論しない【本の言葉】

 竜馬は議論しない。議論などは、よほど重大なときでないかぎり、してはならぬ、 と自分にいいきかせている。もし議論に勝ったとせよ。相手の名誉をうばうだけのものである。通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬものだし、負けたあと、持つのは、負けた恨みだけである。・・・
(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)


    「議論をしない」、このくだりは、司馬遼太郎の人生訓であろうし、また坂本竜馬の人物を考える上で興味深い表現である。たしかに論破された人間が能動的になれるだろうか。袂を別つか、不快なまま諾諾と従うだけのことだろう。

 
人を動かすことが巧みであっと言われる坂本竜馬。では、彼はどのような言動で人の心に訴え、人から能動性を引き出すことができたのだろうか。

 司馬は「関が原」をはじめ戦国時代を舞台とした作品において、人が人を動かす原理は「義」や「理屈」ではなく「利」であるとしている。家康、秀吉の大成と三成の挫折をそこに見る。

 
「合理性」というのも司馬作品の重要なテーマである。商家の流れをくむ坂本家、「竜馬がゆく」でも健全な合理性が竜馬を介して描かれているものと思う。


(補記)
 「竜馬がゆく」が連載された頃は、1960年代。蒙昧な攘夷浪人を
過激化する学生運動・左翼運動の闘士に重ねて批判しているようにも思える。「議論」と「正義」そして「天誅」だけで世の中は動かない、司馬は筆を通して、そう諭していたのではないだろうか。

読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬はこの清河が好きではなかった【本の言葉】

 幕末の史劇は、清河八郎が幕を開け、坂本竜馬が閉じた、といわれるが、竜馬はこの清河が好きではなかった。たったひとつ、人間への愛情が足りない。万能があるくせに。・・・

(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)

 奇策の人・清河八郎と、融通無碍(ゆうずうむげ)にして王道を採る真の戦略家・坂本竜馬を、本作におおいては、しばしば対比的に描かれる。むろん、司馬遼太郎の美感によるものであり、竜馬を際立たせる創作上の演出であるが、清河には少し同情する部分がある。

 たいていの場合は、人格や人生の欠落が他人への関わり促し、その
依存関係や互恵関係の中で、他人への愛情を培う基盤を積み上げていくものである。無論、 特殊な経験や生まれや育ちの良さが愛情深い人間を形成するケースもあるが、感謝とは窮地において与えられた時、本当のありがたみを知るのではないだろう か。

 
富裕な士分の出で、万能であった清河が人間への愛情を欠いたというのであれば、それは無理もないことなのかも知れない。


読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銘酒「剣菱」で知られた店である【本の言葉】

先斗町に「よしや」という料亭がある。銘酒「剣菱」で知られた店である。竜馬にとってはじめての店だが、かねがねその酒をのんでみたいと思っていた。・・・
(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)



 「竜馬がゆく」など、
幕末を舞台にした小説を読んで楽しいのは、京都の街に関する記述が多いこと。神社仏閣はもちろん、通りやお店、それらは150年以 上経った今でも現存するものが多い。小説を読みながら、竜馬らが駆けた道を頭の中でトレースするのは、京都の側に棲む行者にとって楽しい作業である。

 なお、先斗町「よしや」は、現在でも
高い評価の名店。是非一度「剣菱」を飲みに行ってみたいと思う。

 ところで、「先斗」とはポルトガル語の「先」を意味する「ポント」に由来するものだとか。であれば、その名は戦国時代あたりに遡るのだろう。

 そうであれば「よしや」という店の名前も興味深い。「よしや=ヨシュア」は、聖書(キリスト教)に登場する人物の名前であり、キリスト教は戦国時代にポルトガル人がもたらしたものであるからだ。あるいは、と想像する次第である。

読書からの着想を、とつとつと。 → 本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな腐れ藩、ないほうがましじゃ【本の言葉】

「わした土佐藩の郷士にゃァ、藩はないと思いさだめたぞ。こんな腐れ藩、ないほうがましじゃ。一朝、天下に事あらば、藩のためにも起たぬ。幕府のためにも起たぬ。京の天子のもとに集まってやる」
池内蔵太は武市半平太の勤王論の心酔者である。・・・


 現政府、為政者への鬱積した憤懣が、より上位にいる、むしろ抽象的ともいえる存在「超越的なもの」への憧憬と忠誠に結びつくという社会現象は、幕末に限ったものではなく、又、洋の東西を問わないものではなかろうか。幾分前のタイ国における政変時にも、王が担ぎ出される、そんなシーンがあったことを思い出す。

 わが国における若者を中心とした現社会からの孤立感や空虚さは、どのような超越者と結託するのだろうか。幕末の観念的かつ情緒的な勤王論者は、膨大な血の雨を降らせた。

 観念論的妄想、とりわけ昭和の軍閥を憎み、恨んだ司馬遼太郎は、合理的攘夷論者、坂本竜馬の物語を若者達にこそ読んでもらいたいのではなかろうか。

読書からの着想を、とつとつと。 → 本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬は苦笑した【本の言葉】

「讃岐男に阿波女、伊予の学者に、土佐の高知は鬼ざむらい、でしょ」「そうそう。それにしても土佐は鬼侍とは分が悪い」竜馬は苦笑した。・・・(竜馬がゆく2・司馬遼太郎著 文春文庫)


 江戸時代における四国四州それぞれの気質をいう言葉のようだが、讃岐男とは商人の甲斐性をいい、都市的な雰囲気があり、それに対して土佐は鬼侍ということで、
四国山地で隔てられたそれぞれの地域には、強い独自性が自然と培われたということか。

 讃岐や阿波の気質がむしろ畿内に近いというのであれば、それは陸路よりむしろ海路が主要な流通であったこの時代の特徴を示しているということだろう。禁 制が緩み、それぞれのお国柄をしょった若者達が集った
幕末の江戸や京都は、さながら人種のるつぼ、そんな雰囲気だったのだろうか。

 それにしても、
「阿波女(あわおんな)」とは、一種の性的魅力をいったものとの説明が付されていたが、今日でも泡姫(あわひめ)という言葉があるのだから、これは語呂が良すぎる。

読書からの着想を、とつとつと。 → 本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むろん、竜馬の知らない男もきた【本の言葉】

「だから、江戸や京都を見てきたという者が帰国すると、話をききにどっと集ま る。むろん、竜馬の知らない男もきた。ひどいのになると、幡多郡の宿毛や中村といった、高知城下まで三日も四日もかかる山奥から旅装束でやってくる男もいた。」(竜馬がゆく1・司馬遼太郎著 文春文庫)

 「入り鉄砲に出女」という言葉が示すとおり、江戸幕府は内に向かっては人々の移動、交流を制限し、外に向かっては「鎖国」を以って国是とした。その甲斐あってか、250年の太平を実現したわけであるが、
「我慢」は、一方で人の好奇心をくすぐるものである。

 人類の本性であろう「知りたい」という衝動は、当時の日本人にあっても強烈なもので、それは「半開きの鎖国」(オランダ、清、朝鮮とは国交があった)という
「チラリズム」に由来したのかも知れない。


読書からの着想と、とつとつと。 → 本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬は暗い顔をした。ひとごとではなかった【本の言葉】

「竜馬は暗い顔をした。ひとごとではなかった。土佐藩ほどの上下の身分のやかましい藩はない。たとえば、郷士の分際の者がいかに英才のもちぬしであろうとも、藩政に参加する身分にはとうていなれない。」(竜馬がゆく1・司馬遼太郎著 文春文庫)

 司馬遼太郎が強調しすぎるきらいがあるが、「尊王攘夷」と一方には「近代化」と多面的な側面を持つ明治維新であるが、
「平等への強烈な渇望」というものも、その推進力の一つであったのだろう。坂本龍馬は身分解放の闘士でもあったということか。


読書からの着想と、とつとつと。 → 本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なくもんか」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】 ★★★ 3/5点  

 やや冗長ながら、それなり楽しめる、「はずさない」宮藤、阿部コンビの人情コメディ。友人らと映画の日、レイトショーの割安料金で程よい作品です。11月14日(土)から公開、しばらくはやっているでしょう。で、レビューですが・・・

本作の詳細はこちらから↓

なくもんか@映画生活

・・・

 相変わらず面白い、宮藤、阿部コンビ+皆川猿時。特に阿部サダヲの細かい描写や、ちょっとしたギャグが行者の好みに適うので(女装時のまあ楽しそうなこと!)、最後まで楽しく見ることができました。ので、概ね満足なのですが、、、

 お話のほうがどうも、散漫というか何んというか。人情ドラマのパロディをやっているのか、それそのものをやろうとしているのか、後段になってくると判然としなくなってしまったように感じられました。

 宮藤ドラマの面白いところは、笑って見終わって最後に引っかかるというか、問題意識というものをくすぐる、いわば社会性のようなものがあるのですが、今回の一作は、あ、終わった、という感じで、何も残りません。

 全編を通じて顔を出すエコロジーの話、もう少し深いところで、作品のテーマ性と結びついていたのなら、と思ったりもします。ざっくりしてるなあ、と宮藤のコンディションを少し心配もしたり。

 本作の監督は水田伸生さんで、宮藤官九郎は脚本。脚本はもう少し違った趣のあるものだったのでは、とファン心理がもたげる一作でもありました。

 なお、俳優陣は、血縁の不条理、父親の抑圧性を不気味に演じた伊原剛志が良。夏目漱石も言ってましたが、肉親はまとわりつく、家族の問題は簡単に片付かんのです。

 また、竹内結子さんも下町の女性をコミカルに好演。これまで、あまり興味の沸かなかった方なんですが、達者なんだなあと、さざなみのような思いが胸に広がりました、

 明日ぁ、津波になるかもよ!ってことだ!!

 

映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (12)

死臭殺虫剤とジム・モリソンの声【中年ビジョン】

 WIRED VSIONによれば、カナダ・マックスター大の研修チームがゴキブリの死骸を利用して、殺虫剤を開発したようだ。

紹介記事はこちら。

 この多くの虫に有効な殺虫剤は、同胞の「死の臭い」を虫たちが忌み嫌うところに着目したものである。生物としては当然の反応であるが、人間も理性的判断を超えたところで臭いというものに生理的に反応してしまう。

 見た目がどんなに魅力的でも、耐え難い臭いを放つ異性には、誰も近づかない。一方で、コロンの類に騙された!という貴兄も数多おられるのではないか。特に酒席などで理性が弛んだ状態の中ではなおさらである。

 さて、「死の臭い」が、聴覚に訴えることもあるのではないか。死んだロッカーの声には引き込まれる何かがあるように思う。行者にとっては、THE DOORSのジム・モリソンやフィッシュマンズ佐藤氏がこれに当たるのだが。

 もちろん、既に死んでいるという事実がそのような先入観を与えているのかも知れない。しかし、「死の音域」とも言うべき、聴覚に訴えて「タナトス(死への衝動)」を刺激する声、音が存在するのではなかろうか。

 シンガーが生きている時から、発される「死の声」。考えて見れは、生きているということは死に向かっていることであり、死んでしまえば、二度と死ぬことは出来ないのである。

【中年ビジョン】は、中年の目線で関心事を追います。 過去記事はこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パブリック・イメージ・リミテッド、再結成【行者の聴いた観た読んだ】

パブリック・イメージ・リミテッド、再結成
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=955123&media_id=51

セックスピストルズよりも実はロック史により大きな影響を与えたのではなかろうかと思うPILの再結成。が、初期メンバーが集うというシロモノではないようで、ジャー・ウォブルの名も挙がっていない。

ピストルズなら、はい、一応を聴いたことがあります、必修科目なので、という若い衆にもPILを是非ご一聴いただきたい。お勧めはメタルボックス。ジャー・ウォブルのベースラインに、ジョンライドンの奇声。色あせない前衛に触れることができます。



POPTONESの歌詞「・・・日本車のパトカーでドライブする・・・」に、70年代後半から80年代にかけての荒廃したイギリスの景色が浮かんできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッキンオン創刊500号記念【行者の聴いた観た読んだ】

 ロックを語らう雑誌の草分け的存在、「ロッキンオン」がついに発刊500号を重ねたようです。

 500号ということですから、もう40年以上も続いているということで、まあなんというか、大したものです。表紙を眺めると、クラプトンやジョンライドンの懐かしい顔に、オアシスやベックといった近年の大立て者が。そしてボーイジョージや坂本龍一も!表紙を飾っていたンですねえ。ムロン、我らがモリッシーも

 中身はと言えば、懐かしい記事の再掲もあり、忌野清志郎さんのRC全盛期のインタビューなど貴重なものも収められています。当時のD・ボウイのインタビューを改めて読むと、まあ、頭のいい男前のニイちゃんやなあ!と感心。そりゃ当時カリスマ的な存在であったことがよく分かります。

 この他、児島由紀子さんのマンチェスター交遊録も楽屋話的に興味深い。80年代末の学生時代が偲ばれ、、、ロンドンナイト、おマンチェナイト、ありましたねえ。行きましたねえ、京都ビックバン。

 *児島姐さんのブログがある模様です。

 ところで、ロッキンオンという「雑誌」。考えてみればロックとて音楽ですから、それを聴いていればよいわけですが、イロイロと語りたくなるのもある種人間の性でもあり、、、

 オルタナロック好きなら一度は通る道、青春の蹉跌?そんなところでしょうか。500号、買ってみて、それぞれの青き日々を思い出して、、、悔やんでみて!

 

映画、コミックなどなど!行者のレビュー集 → 行者の聴いた観た読んだ

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傭兵の痴態にコストカットを想う【中年ビジョン】

 中年の関心を喚起して止まないサイトWVに新たな報告。米国のアフガン駐留軍から愚にもつかない痴態ショットが流出。

「おしっこをかける」「尻に挟んだポテチを食べる」といった、あたかも70年代の米映画コメディを思わせるような不品行に「正義の軍隊」が聞いてあきれるとの声も集まりそうだ。

 彼らはいわゆる民間軍事会社が派遣した傭兵であるとのこと。傭兵、民兵の類はともすれば統率に乏しく、古今東西の戦場において現地での乱暴狼藉の記録が散見する。それからすれば、上の報告はカワイイものかもしれない。

 気になるのは、民間軍事会社の浸透。いわゆる近代化以降の国民皆兵から募兵、そして軍事会社への委託と富める者、そこへの関与を避けることができる人種にとって、暴力がいよいよ見えにくいものになっていくということ。

 

WVの記事からは、民間軍事会社への委託拡大は、コストカットの側面も窺える。戦場のコストを下げたいのなら、正義の帝国は、もう少し視点を変えるべきではなかろうか。独り占めというものには、労力が要るのである。


【中年ビジョン】は、中年の目線で関心事を追います。 過去記事はこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

70代女性 三角関係が心配【相談批評、俺も答える!】

悩み、それは人生。悩み、それは滑稽。いわゆる人生相談の類を検証し、お節介ながら行者も一言助言差し上げる相談批評。本日のお悩みはこちら。

【70代女性 三角関係が心配】読売新聞 人生案内より

相談の詳細はこちらに↓

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/danjo/20090806-OYT8T00273.htm

 今回のご相談は、「ロマンチストで、おしゃれが大好きな、自称60代の70代後半のレディからのお悩み。彼氏となったダンスパートナーの真意がわかんないッ!とのこと。

 ご回答は、相談界の重鎮、大日向雅美先生。長らく母性神話と闘ってきた先生が、「オンナ」という女性のもう一つの顔を専門の心理学でどう裁くのか、見ものです。

 さて、この老いらくの恋に大日向先生は、「前向きな生き方と感心」と持ち上げながらも、「正直釈然としない気持ち」と話言葉で本音を吐露されております。

 細かいところですが、普通の文章なら「正直言って釈然と・・・」と書くハズです。ちょっとクダけた調子で、これから始める糾弾の言葉に、柔らかさを持たせているのかも知れません。

 流石はわが国を代表する心理学者。年長の同性の扱いを心得てらっしゃれる。「実年齢より一回り若く見られる」なんて言う、実はこの相談における真のストロングポイントを復誦してあげてもいます。

 が、先生はやはり常識家。「分別」という言葉を繰り返し使って(ぶんべつ、ではないですよ。ふんべつ、ですよ)彼女に迫ります「アンタ、妬く前にさあ、それ不倫じゃね!?」と。

 そして、 「彼の不誠実さを悩む前に、ご自身の判断と責任のあり方を見つめることが先決」と、大鉄槌を下ろしておられます。先生、御尤も。勝負あった!

 今回のご相談、 「何度か会ううちに男女の仲になってしまいました。」なんていう、若輩行者が気絶するような刺激的な告白もあり、年の功?には、到底かなうまいと半ば白旗を揚げておりましたが、天下の正論に救われました。

では、最後に行者から一言。

 「ばあちゃん、悩みとか自慢とか、心のゴミは分別してから外に出そうね!」


~ あなたの悩みに行者が横槍! →
 【相談批評】はこちらから

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

TOPへ

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キスに特化したヒューマノイド【中年ビジョン】

 下の動画は台湾の大学が開発したキスをするロボット。タイトルから「おおぉ!キス専用のロボットが出来たのかあ!!」と、ソフトな性具の登場に、喜び勇み早や購入の算段まで思い及んだ行者であるが、どうやら商用でない上に、なんとまあ、、もう少し夢のある容姿に作ってくれませんでしょうか、、台湾の先生、研究生諸君!

 当てが外れ不満であったが、動画を見終わって一考。唇を離すタイミングが女子の方が早い。男子は名残惜しそうにも見える。切ないぢゃないっすか!!とリアルな作りに妙に感心。

【中年ビジョン】は、中年の目線で関心事を追います。 過去記事はこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«眠り過ぎ自分の時間ない【相談批評、俺も答える!】