« 竜馬はこの清河が好きではなかった【本の言葉】 | トップページ | そのとき西郷が、やおら立った【本の言葉】 »

竜馬は議論しない【本の言葉】

 竜馬は議論しない。議論などは、よほど重大なときでないかぎり、してはならぬ、 と自分にいいきかせている。もし議論に勝ったとせよ。相手の名誉をうばうだけのものである。通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬものだし、負けたあと、持つのは、負けた恨みだけである。・・・
(竜馬がゆく3 司馬遼太郎 新潮文庫)


    「議論をしない」、このくだりは、司馬遼太郎の人生訓であろうし、また坂本竜馬の人物を考える上で興味深い表現である。たしかに論破された人間が能動的になれるだろうか。袂を別つか、不快なまま諾諾と従うだけのことだろう。

 
人を動かすことが巧みであっと言われる坂本竜馬。では、彼はどのような言動で人の心に訴え、人から能動性を引き出すことができたのだろうか。

 司馬は「関が原」をはじめ戦国時代を舞台とした作品において、人が人を動かす原理は「義」や「理屈」ではなく「利」であるとしている。家康、秀吉の大成と三成の挫折をそこに見る。

 
「合理性」というのも司馬作品の重要なテーマである。商家の流れをくむ坂本家、「竜馬がゆく」でも健全な合理性が竜馬を介して描かれているものと思う。


(補記)
 「竜馬がゆく」が連載された頃は、1960年代。蒙昧な攘夷浪人を
過激化する学生運動・左翼運動の闘士に重ねて批判しているようにも思える。「議論」と「正義」そして「天誅」だけで世の中は動かない、司馬は筆を通して、そう諭していたのではないだろうか。

読書からの着想を、とつとつと。→本の言葉

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。  ↓

Banner_02_4


TOPへ↓

Hp_top_3

|

« 竜馬はこの清河が好きではなかった【本の言葉】 | トップページ | そのとき西郷が、やおら立った【本の言葉】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/47295745

この記事へのトラックバック一覧です: 竜馬は議論しない【本の言葉】 :

« 竜馬はこの清河が好きではなかった【本の言葉】 | トップページ | そのとき西郷が、やおら立った【本の言葉】 »