« 死臭殺虫剤とジム・モリソンの声【中年ビジョン】 | トップページ | 竜馬は暗い顔をした。ひとごとではなかった【本の言葉】 »

「なくもんか」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

【総評】 ★★★ 3/5点  

 やや冗長ながら、それなり楽しめる、「はずさない」宮藤、阿部コンビの人情コメディ。友人らと映画の日、レイトショーの割安料金で程よい作品です。11月14日(土)から公開、しばらくはやっているでしょう。で、レビューですが・・・

本作の詳細はこちらから↓

なくもんか@映画生活

・・・

 相変わらず面白い、宮藤、阿部コンビ+皆川猿時。特に阿部サダヲの細かい描写や、ちょっとしたギャグが行者の好みに適うので(女装時のまあ楽しそうなこと!)、最後まで楽しく見ることができました。ので、概ね満足なのですが、、、

 お話のほうがどうも、散漫というか何んというか。人情ドラマのパロディをやっているのか、それそのものをやろうとしているのか、後段になってくると判然としなくなってしまったように感じられました。

 宮藤ドラマの面白いところは、笑って見終わって最後に引っかかるというか、問題意識というものをくすぐる、いわば社会性のようなものがあるのですが、今回の一作は、あ、終わった、という感じで、何も残りません。

 全編を通じて顔を出すエコロジーの話、もう少し深いところで、作品のテーマ性と結びついていたのなら、と思ったりもします。ざっくりしてるなあ、と宮藤のコンディションを少し心配もしたり。

 本作の監督は水田伸生さんで、宮藤官九郎は脚本。脚本はもう少し違った趣のあるものだったのでは、とファン心理がもたげる一作でもありました。

 なお、俳優陣は、血縁の不条理、父親の抑圧性を不気味に演じた伊原剛志が良。夏目漱石も言ってましたが、肉親はまとわりつく、家族の問題は簡単に片付かんのです。

 また、竹内結子さんも下町の女性をコミカルに好演。これまで、あまり興味の沸かなかった方なんですが、達者なんだなあと、さざなみのような思いが胸に広がりました、

 明日ぁ、津波になるかもよ!ってことだ!!

 

映画、漫画、ライブに小説、時折レビューしております

 → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

|

« 死臭殺虫剤とジム・モリソンの声【中年ビジョン】 | トップページ | 竜馬は暗い顔をした。ひとごとではなかった【本の言葉】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/46764842

この記事へのトラックバック一覧です: 「なくもんか」レビュー【行者の聴いた観た読んだ】:

» なくもんか お昼やっすみは・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ [労組書記長社労士のブログ]
【 63 -13- 1ヶ月フリーパスポート=11 】 土曜日、封切り初日に観たけど、さすがだ、TOHOシネマズ梅田のシアター3がほぼ満員だ! 俺も予告編を見ていると「超ご期待!」って感じやったし、友人達との会話でも期待度かなり大な手応え、やったしね。  東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結婚、婚姻届を... [続きを読む]

受信: 2009/11/15 22:09

» なくもんか [映画君の毎日]
<<ストーリー>>無茶苦茶な父に捨てられ、幼少期に生き別れた兄・祐太(阿部サダヲ)と弟・祐介(瑛太)は、互いの顔も名前も知らずに成長する。祐太は、東京下町の商店街でハムカツが名物の店を切り盛りし、祐介はお笑い芸人として超売れっ子になっていた。そんなある日、祐... [続きを読む]

受信: 2009/11/16 00:03

» なくもんか [シネマDVD・映画情報館]
幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオが再び顔を合わせ、不幸な生い立ちの兄弟の再会劇を、笑いと涙を交えて描く。お人好しの兄を阿部が演じるほか、人気お笑い芸人の弟を瑛太が、兄の幼なじみに竹内結子がふんする。家族のきずなをテーマにした、ハートフルな物語が感動的。...... [続きを読む]

受信: 2009/11/16 22:10

» 「なくもんか」別々の道を歩んで再会した先にみた兄弟愛と家族愛 [オールマイティにコメンテート]
「なくもんか」は脚本宮藤官九郎、監督水田伸生、主演阿部サダヲによる「舞妓Haaaan!!!」スタッフが送る第2段映画で、とんかつ屋を継いだ兄が一生懸命働いて突然帰って来たお店の娘と結婚した直後に小さい時に生き別れた弟が人気お笑いコンビをしている事がわかり再会するが...... [続きを読む]

受信: 2009/11/16 23:15

» なくもんか [LOVE Cinemas 調布]
脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲの『舞妓 Haaaan!!!』チームが再集結した作品。下町で惣菜屋を営む超お人好しの主人公一家とその背景を描いた人情喜劇だ。共演には『余命一ヶ月の花嫁』の瑛太、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の竹内結子、『釣りキチ三平』の塚本高史といった若手と、井原剛志、いしだあゆみといったベテラン勢が揃う。... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 00:26

» 『なくもんか』 寄せては返す不幸の波 [映画のブログ]
 劇中、徹子が激怒するシーンがある。  大きな不幸を背負ってきた人間に対してである。  なぜか。  それは、不幸を背負っているからだ... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 00:46

» 『なくもんか』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「なくもんか」□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、いしだあゆみ、片桐はいり、鈴木砂羽、竹山隆範、高橋ジョージ ■鑑賞日 11月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  阿部サダヲ、クドカン、水田監督とくれば、そうあの迷(名)作、『舞妓Haaaan!!!』を思い出す。 ま、スタッフも同じだけど(笑) 下町のハムカツ屋を中心に繰り広げられる人情ストーリ... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 12:18

» 「なくもんか」 [みんなシネマいいのに!]
 父親に捨てられ、それでも笑顔を絶やさずに生きてきた兄と母親の死んだ後イジメられ [続きを読む]

受信: 2009/11/21 20:22

» 【96.0Kg】 「なくもんか」を観てきました♪ [街のクマさん 炎のダイエット日記]
深夜ですね~(^^;)こんばんわです。夜更かししてるよぉ。草木も眠る丑三つ時ですっ(怖っ!) [続きを読む]

受信: 2009/11/22 03:27

» なくもんか (阿部サダヲさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
映画『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督、脚本の宮藤官九郎さん、そして主演の阿部サダヲさんが再結集して作り上げた映画『なくもんか』に、阿部サダヲさんは、祐太 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009/11/25 00:35

» 【なくもんか】 映画 [じゅずじの旦那]
泣ける喜劇か!?笑える悲劇か!?  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも断らない究極のお人よし。彼は親に捨てられ、弟と生き別れた過去がある。そしてその弟こそ、人気お笑い芸人「金城ブラザーズ」の祐介だった。祐太は先代の娘・徹子と結婚、婚姻届を出すために手に入れた戸籍謄本で祐介が実の弟だと知る。早速祐介に会いに行く祐太。しかし偽の兄弟芸人として売り出していた祐介の態度はすげない... [続きを読む]

受信: 2009/12/04 12:06

» [映画]なくもんか [オレメデア]
映画「なくもんか」を見てきました。最近、休日に映画を見に行く機会が増え、様々なジャンルの映画を見るようになっています。この映画も、公開前からテレビや雑誌などで注目していた作品です。それでは、映画「なくもんか」を見るうえで手前どもが抑えておくと良いポイントをご紹介します。... [続きを読む]

受信: 2009/12/11 00:43

« 死臭殺虫剤とジム・モリソンの声【中年ビジョン】 | トップページ | 竜馬は暗い顔をした。ひとごとではなかった【本の言葉】 »