« 美男があのライダーマンに変身【中年ビジョン】 | トップページ | エセ草食系、「隠れ肉」を糾弾す【行者の造語縁起】 »

主婦の「ときめき」と製品・リサーチの関連性【憶測の段】

 家庭の危機!? 「最近夫以外の男性にときめいた」主婦は74.0%
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=883910&media_id=17

 「主婦の約8割 ときめき求める」との刺激的なタイトルに惹かれ、しばし一考。まあ、それはそうだ。貨幣による対価のない労働者諸君らにも「ときめき」は必要であり、ジッサイときめくこともしばしばあるのだろう。

 食品の値下げ、バーゲン、子どもの通知簿、夫のボーナス、ポイントが2倍、不燃ゴミを出し忘れなかった等等、考えてみれば、主婦らの暮らしの中に心ときめくシーンは満載である。

 と、思ってこの記事を詳しく繰ってみると、、、

 なんと色情の類に関しての「ときめき」であった。うむ、そっちのハナシか。

 それは人間であれば普遍的な感情、社会的諸関係に関わらず人間が持ち、持て余す厄介なもの。できれば、忙しい彼女らの暮らしから、そのようなものは排除して差し上げたい。お節介かも知れませんが。。。

 ところで、このリサーチ、P&Gなるメーカーが、柔軟剤入り洗剤「ボールド」のパッケージリニューアルを記念して、主婦と20代男性を対象にしたものらしい。

 製品とリサーチの関連性については、理解に苦しむものがあるが、20代男性をもリサーチにすえたあたりがニクイ。「ウチらまだイケてんの!?」という購入層の深刻な想いに応えてのものと【憶測】するものである。

 90年代のゲーム業界を席捲した「ときめき」はこれだ↓

ほとばしる空想!論拠乏しき行者の憶測はこちらから → 【憶測の段】

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

 


TOPへ

Hp_top_3

|

« 美男があのライダーマンに変身【中年ビジョン】 | トップページ | エセ草食系、「隠れ肉」を糾弾す【行者の造語縁起】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/45522566

この記事へのトラックバック一覧です: 主婦の「ときめき」と製品・リサーチの関連性【憶測の段】:

« 美男があのライダーマンに変身【中年ビジョン】 | トップページ | エセ草食系、「隠れ肉」を糾弾す【行者の造語縁起】 »