« 2008年振り返り【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 海外貿易から読む戦国時代【行者の聴いた観た読んだ】 »

セクシーなオタクのコンテスト【中年ビジョン】

『ワイアードが選ぶ最もセクシーなオタク』コンテスト、2008年版

 

セクシーなオタクとは、ある意味反語的な表現であるが、この中年の関心をソソった。ハテ、セクシーなオタクとは、、、

本件の詳細はこちらから

 成る程。専門的あるはマニアックな事柄について、深い造詣を持つ美人さんというのは、いるもので、個人的な趣味を言わせてもらうなら、第2位にランクインされているゲームデザイナーのJade Raymondさん、あるいは第6位のJewel Staiteさんの雰囲気が好みである。

 Raymondさんは軍事学を修了されておられるとか。いずれ一献傾けながら、洋の東西を越えて、武功話に花を咲かせたいもの。彼女のサイトはこちらでござる。忠臣蔵!?

 ところで、専門家、マニアがオタクなのか、という問題がある。オタクの定義を云々することは措くとして、オタク特有の屈折感がセクシーな彼女らには感じられないのも事実だ。本邦においても、昨今のコスプレ諸君らは、屈託のない見目麗しいガル(*)も少なくない。

 *行者はギャルをこう呼ぶ

 が、同胞、否、隣人として、やはりオタクは3次元世界での挫折から、2次元などの異界に向かった人々であって欲しい。ということで、行者としては今後も伝統的な「漫研女子」に注目していきたい。

 彼女らが好みのコスプレで他人から見られる機会を得て、そのことが自尊と寛容、交際術を快復し、最終的には「普通の女子」というコスプレを獲得し、笑顔で3次元世界に復帰することを期待する。

 人間の美において、微笑みに勝るものはない。そう思う。

・・・ 
 補足ながら、コスプレが雑誌、毛染め、カラーコンタクトという、新たな消費を生んでいることにも触れておく。

【中年ビジョン】は、中年の目線で関心事を追います。 過去記事はこちらから

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

Banner_02_4


TOPへ

Hp_top_3

|

« 2008年振り返り【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 海外貿易から読む戦国時代【行者の聴いた観た読んだ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/43654203

この記事へのトラックバック一覧です: セクシーなオタクのコンテスト【中年ビジョン】:

« 2008年振り返り【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 海外貿易から読む戦国時代【行者の聴いた観た読んだ】 »