« 細野とくるりの風をあつめて。京都音楽博覧会、岸田はん!ありがとう【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 悪い人の話し方【検索の窓から】 »

映画『パコと魔法の絵本』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

 作家、俳優ら手足れ達による孤独な現代人を癒す寓話。お話はいたってシンプル、ちょっとした驚きもありますが、奇天烈な人々が入院するある病院での数日間の出来事。

 むしろシュアーな印象さえ与える阿部サダヲの怪演。確実に笑わせてくれます。愛らしいアヤカ・ウィルソンと、癪だがやはり愛らしい土屋”パンク”アンナ。妻夫木クン、國村氏も良。冗長になりかねない部分をCGを補うのもニクい。

 土屋氏曰く「賞とるんじゃね?」とのことだが、かなり濃厚な印象。

 ところで、おとぎ話という形式。普遍的な感情、教則な徳目を伝えるのに有効な手法であると同時に、昔話は隠喩としてタブーや陰惨な事件を語り伝えるもの。本作の内奥からは、殺伐とした現代の人間関係や、本源的な人の寂しさが浮かびあがります。

 まあ、いずれにしてもいい作品。涙腺のゆるさに加齢を感じます。意中の人と連れ立って行くなど悪事にもご利用ください。涙GET、堅いですぜ。

 余談ながら、ガンダム、エヴァ、ケロロなどなどアニメ関連の味付けが少々見られる本作。連邦の制服を着た黒人?カリビアン?は、むしろリアル。ジッサイ、肌の色の違うオタ
クも増えているんでしょうねえ。OH!WORLDWIDE!

 映画、漫画、ライブにプロレス、たまーにレビューしております → 【行者の聴いた観た読んだ】を読む。

本作の詳細はこちらで →  パコと魔法の絵本@映画生活

↓ 人気投票登録中!クリックを是非お願いします。 ↓

 

Banner_02_4

|

« 細野とくるりの風をあつめて。京都音楽博覧会、岸田はん!ありがとう【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 悪い人の話し方【検索の窓から】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『パコと魔法の絵本』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】:

» 「パコと魔法の絵本」大人が泣けるおとぎ話。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也 監督、最新作。「パコと魔法の絵本」(東宝)。最初に言っておきますが、ムッチャクチャ面白かったですわ!  一代で大会社を築いた、クソジジイ・大貫(役所広司)は、会議中に倒れ入院。しかし病院でも、オカマの木之元(國村 隼)や消防士の滝田(劇団ひとり)、ヤクザの龍門寺(山内圭哉)等、他の入院患者に対して、尊大な態度で接し、更なるクソジジイぶりを発揮。自殺未遂を繰り返し、その度に運ばれてくる元子役スターの俳優・室町(妻夫木聡)にも、手加減なしの大貫は、... [続きを読む]

受信: 2008/09/30 19:34

» 「パコと魔法の絵本」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「パコと魔法の絵本」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 *監督:中島哲也 *原作:後藤ひろひと *脚本:中島哲..... [続きを読む]

受信: 2008/10/01 10:01

« 細野とくるりの風をあつめて。京都音楽博覧会、岸田はん!ありがとう【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 悪い人の話し方【検索の窓から】 »