« 結婚8年 隣の歯医者に恋【相談批評・俺も答える!】 | トップページ | OL三国志演義【第二部】第一幕・第二段】 »

OL三国志演義【第二部】第一幕・第一段】

~玄田徳子は宴席を悩むも、凛々しい美人にほだされる~

Sangosuki022  水曜日のオファー、これは明らかに頭数あわせである。これに乗ってもよいものなのか。玄田徳子は、判断に苦しんだ。どうしよう、、、

 やはり義姉妹の契りを交わした二人、関長子と張本翼に相談したほういいか。が、二人の意見はきっと正反対。

 関長子は、三日前に宴席に誘うとは無礼千万と憤慨するだろう。張本翼は、姐さん何を迷っておられるコンパには出撃あるのみ!とまくし立てるに違いない。

 打たないシュートは入らないか。

で、二人で侃々諤々、というかワーワー騒いで、お互いのコンパ観から果ては恋愛観にまで討論がなされるだろう。で、結論は出ず。

 やっぱり二人には黙っておいて、三人で週末の定番、ゴハンでも食べに行こうかな、、、

 なんせこのお誘いは、あの人事の操猛美からのもの。この間、派遣のコらの件(*)で一杯食わされたところやし。

 * 玄田徳子ら三姉妹は、操猛美に合コンを反故された上に、派遣社員『イエロースカーフ』の追い出しに協力させられた。詳しくは第一部イエロースカーフの乱を参照のこと。

 でもなあ。

 30歳まであと2年。そろそろ本腰を入れねばと初詣に行った岩清水八幡宮で決意したんやった。

 そういえば、岩清水八幡宮の門前では、雀の焼き鳥が名物として売られていたなあ。雀が車にでも轢かれたようなペシャンコな姿をとどめていて、食欲以前の感情が沸いたことを玄田徳子は思い出した。

 動物愛護団体に訴えられるちゃうか。いや、どうせ食べんねんから、どんな姿にしも別にええんかな、、、

 ボールペンを指でクルクルと廻しながら、玄田徳子の思考は、堂々巡りをした挙句、わき道に逸れてしまった。目的が見定まらない、あたかも彼女の人生のように。

 

 「すいません、金曜日は先約がありまして。申し訳ありません。」

 聞き慣れない声がした。その声の主は、斜め前の席、公文課長の側にいるようだ。玄田徳子が目を向けると、そこには、書類を手にしたボーイッシュな感じのOLが一人立っていた。凛々しいという言葉がふさわしい、相当の美女だ。

 「え、先約?ねぇ、どこの誰と?」

 食い下がる公文課長。

 中年というものに、ことごとく品位が無くなっていくのは、もうDNAの働きなのか。ここのところ下世話さを満開にさせつつある公文孫一四十二歳である。

 役職が偉くなるにつれて、倣岸さを重ねていく男達。その姿は醜いとは思うが、残念だとは思わない。むしろ好都合だ。玄田徳子はそう思う。

 褒めてあしらえばいい。

 特に公文課長は女子がニコニコしてれば満足、そういう人。ゆえに私はただ笑ってさえいれば、この職場で居心地が悪くないのである。

 「人事の操猛美さんです。」

 凛々しい美人は答えた。

 なんとこの美人も玄田徳子が誘われている金曜日の宴会に参戦するようなのだ。

 玄田徳子は宴会に参加する決意をした。頭数合わせもなんのその。彼女も参加するなら、何かいいことが起きそうな、そんな予感がするからである。

第一部の物語はこちらです   【働く女性が群雄割拠】OL三国志演義第一部(校正版)

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

|

« 結婚8年 隣の歯医者に恋【相談批評・俺も答える!】 | トップページ | OL三国志演義【第二部】第一幕・第二段】 »

コメント

 OL三国志演義、ようやく再開です。第二部は三国志演義で言うところの、反董卓から徐洲侵略あたりまでを予定としています。

 ということで、董卓とか呂布とか趙雲をモデルにしたキャラクターが登場します。曹豹は?、、、そのカルト的な人気を慮れば、何か役どころを考えなければなりませんなあ。

投稿: 行者 | 2008/02/23 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/40236603

この記事へのトラックバック一覧です: OL三国志演義【第二部】第一幕・第一段】:

« 結婚8年 隣の歯医者に恋【相談批評・俺も答える!】 | トップページ | OL三国志演義【第二部】第一幕・第二段】 »