« 抱きつき 深層心理【検索の窓から】 | トップページ | 飛行機に乗れない彼【相談批評・俺も答える!】 »

【サラリーマン仕草百般】おたおたする

01_3 職場は戦場、仕事は命賭け。仕草を学んで生き抜け賃労働者ども!

【おたおたする】
 指摘、命令に狼狽してみせる仕草。相手を立て、自分を可愛くみせる為に用いる。

(解説)
 立て板に水、こういう方、貴方の職場にもいませんか?いかなる指摘にも理路整然と反論できる知性と話術。頼もしいと思われるでしょう。ところが、往々にしてこういう人物は出世していない、なんてことはありませんか。キレ者と一目置かれていても、何故か要職には就いていない。

 

サラリーマンの能力や才能は、数値化されているわけではありませんから、その評価は、評価する側の主観に委ねられています。無論、営業成績や勤務状況のような外面的な評価もありますが、ポストが上に行けば行くほど、評価すべき事項が「指導力」だの「人望」だの「飲みッぷり」だのといった抽象的なものが大半になってきます。

 そもそも企業における出世とは、何も国家試験の類ではないので、法律に拘束されるものではありません。公正にしなければ社員に訴えられるなぞということは基本的にはありえませんので、要するに情実、これに尽きると見るべきでしょう。

 さて、そんなセチ辛いシステムの中で、一つでもポジションを上げて会社で生き残っていくためには何が求められるのか。その一つに上の人から愛される「かわいげ」というものを挙げることが出来ます。

 評価、査定する側も人間ですから、組織のとって「デキるヤツ」が必要なのは重々承知していても、ついつい「可愛いヤツ」に肩入れしてしまう、あるいは「デキるヤツ」を煙たく思ってしまう、そんなことが多々あるものと推察します。よって出世のためには、ハゲた五十男とて可愛い子ぶる必要がある。

 そこで、一つの実践例として「おたおたする」ことをお勧めします。上司から何がしか指摘がなされれば、「えええぇ」という表情で左右を見回し大いに狼狽して下さい。そして「そんな観点もありましたか」と頭をかきながら遠慮がちに返答をしましょう。たとえ上司の指摘がトンチンカンなものであっても、決してそれを否定してはいけません。この場合事実を曲げても差し支えありません。

 因みに、この「おたおたする」は演技としてなされる仕草ですから、本当に返答に窮してしまうと上司から「かわいいヤツ」である以前に、「バカなヤツ」という烙印を押されますので、その点は十分にご注意ください。

~仕草のノウハウあいうえお。 → 【サラリーマン仕草百般】をさらに学ぶ。

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

 

|

« 抱きつき 深層心理【検索の窓から】 | トップページ | 飛行機に乗れない彼【相談批評・俺も答える!】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/17431381

この記事へのトラックバック一覧です: 【サラリーマン仕草百般】おたおたする:

« 抱きつき 深層心理【検索の窓から】 | トップページ | 飛行機に乗れない彼【相談批評・俺も答える!】 »