« (行者スポーツ)HERO’SはPRIDEを越えれない | トップページ | 二また交際に失敗した70代【相談批評・俺も答える!】 »

【サラリーマン仕草百般】うでぐみ

01 職場は戦場、仕事は命賭け。仕草を学んで生き抜け賃労働者ども!

【うでぐみ】
 拒否、困難を示す仕草。熟慮するフリにも使われる。


(解説)
 「断る」の一言ほど日常生活の中で困難なものはありません。皆さんも映画の後のお茶や街頭のチラシ、食品売り場の試食等、断れなかった経験が随分とお有りではないでしょうか。

 「断る」ことの難しさは、職場であれば尚更です。「売り込み」を断る、「提案」を断る、「残業」を断る、あるいは「宴席」を断るというのもあるかもしれません。

 無論、二度と会うことのない人に対しては「拒絶」の大鉈(なた)をふるうこともできますが、職場の人間関係というものは、社外の人も含めて案外と長く続くものです。怨恨は残したくない。

 そこで、オススメしたいのが【うでぐみ】という仕草。相手の申し出にうなり声と共に【うでぐみ】を一つしてみれば、相手から「ヤッパ、ダメッすか?」という自発的な撤退が見込めます。相手も敵は作りたくないのです。

 その折には「いやいや、悪くはないンだけどなあ、、、」なんて言いながら腕組みを続けること。熟慮しているフリをして善人を気取れます。脈はないのにソノ気にさせる。仕事でサド気分☆

 稀に【うでぐみ】しても相手が引き下がらず、掟破りの逆腕組みとでも言いましょうか、【うでぐみ】のお返しをしてくる場合があります。

 この場合は腕を組み続ける胸筋の争いとなります。【うでぐみ】を解いたほうが負け、すなわち「了承」「折れた」、ということになりますので、サラリーマンの諸兄は日ごろからプッシュ・アップ等で筋肉を鍛えておくことをオススメします。

~仕草のノウハウあいうえお。 → 【サラリーマン仕草百般】をさらに学ぶ。

 人気投票登録中!クリックをお願いします 

Banner_02_4

 

|

« (行者スポーツ)HERO’SはPRIDEを越えれない | トップページ | 二また交際に失敗した70代【相談批評・俺も答える!】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/17292353

この記事へのトラックバック一覧です: 【サラリーマン仕草百般】うでぐみ:

« (行者スポーツ)HERO’SはPRIDEを越えれない | トップページ | 二また交際に失敗した70代【相談批評・俺も答える!】 »