« エロ-1グランプリ【行者の造語縁起】 | トップページ | ザルツブルグ到着!が、ツネ様が妙だゾ、、、【週刊】行者★スポーツ »

出会える国へ!俺の改憲試案【妄想の段】

Utukusii_kuni  昨今、憲法改正論議が姦しい。現総理大臣が憲法改正を目指すといった以上、国事の一大事として当然のことではあるが、憲法を改正すべきか否かという話で言えば、日本国憲法そのものに改正の手続きが、一般的な表現がらも盛り込まれているのだから、当然、憲法は変え得るもの、いずれ変更点が現れるものとして成立していると考えるのが妥当であろう。
 
 このことは皆さんご承知の上で論陣を張っているだろうが、むしろ今般の憲法改正論争の背景には、いわゆる憲法9条問題という「戦争と平和」のつばぜり合い、理念的かつ政治的な課題があるからであろう。ところで、この9条問題は、置くとして、

原則的には日本国憲法は改正し得るものなのだから、ここで行者が変更すべきと思う憲法の条文、特に【第3章 国民の権利及び義務】につき、改正案をお示ししたいと思う。

(第14条)すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地及び容姿、学歴、経済力により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

 「・・・又は門地」以下に容姿、学歴、経済力を加えさせていただいた。法の下の平等は基本的人権の柱を成すものであり、日々の暮らしの中でも人が不平等を感じるような社会にしてはならない。特にコンパにおいて「容姿、学歴、経済力」を理由にいわれなき抑圧、迫害を受けていた男子にとっては、これは切実な問題なのデアル。魅力的な男子にしか目を向けない差別的な女子を弾圧する為の法案の根拠とする条文としたい。

(第19条)思想及び良心の自由と妄想は、これを侵してはならない

 妄想は人生の悦びであり、創造性の源泉である。解釈によっては、妄想は広い意味での思想の一つと捉えることもできるが、ここは妄想の重要性と行者ら、切ないボーイズにとっての必要性からあえて明確に掲げることにした。

(第25条)すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生並びに出会いの向上及び増進に努めなければならない。

 第1項において「健康で文化的な最低限度の生活」を謳う以上、「出会い」についても国は明確に責任をもつべきであろう。昨今、地方自治体において少子化対策として出会い系パーティが催されているようだが、

 形式的なものでなく、会の男女比率に配慮する又は予(あらかじ)め男子にはケータイに参加女子の顔写真付プロフを送る等の実行性のあるパーティ運営を義務付けたい。「健康で文化的な最低限度の生活」には「出会い」は必須であるので、YO・RO・SI・KU!あ、その意味では、少子化担当大臣についてもご再考を。

 以上の三点が行者の憲法改正案である。これらの改正案が国会に提出されることはまず無いわけであるが、ジッサイにこのように憲法が改正されたらば、どのような法案が具体化されていくのだろうかと、胸躍らせながら【妄想】を膨らませるのだが、同時に9条の問題もこのような前提、つまりその改正が法律と具体的に自分達の生活に影響を与えるものとして理解する必要があることも付言しておく。

 ともあれ、冒頭申したとおり、原則的には憲法は変え得るものなのだから、読者諸兄も自分の改正案をご一考いただいたら憲法そのものについてより深く考える機会となるものと思う。日本国憲法はここにあります。

~行者のログが気に入ったら人気投票にご協力をm(_ _)m是非→Click here

|

« エロ-1グランプリ【行者の造語縁起】 | トップページ | ザルツブルグ到着!が、ツネ様が妙だゾ、、、【週刊】行者★スポーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会える国へ!俺の改憲試案【妄想の段】:

» Free Ringtones [Free Ringtones]
Free Ringtones [続きを読む]

受信: 2007/05/20 00:37

« エロ-1グランプリ【行者の造語縁起】 | トップページ | ザルツブルグ到着!が、ツネ様が妙だゾ、、、【週刊】行者★スポーツ »