« 365回の白昼夢 | トップページ | 武士道・菊田が挑む謎の武道【ボータウト】を追跡!! »

メゾンドヒミコ【行者の聴いた観た読んだ】

Himiko 『ジョゼと虎と魚たち』の犬道一心さん監督の2005年公開作品。配役にオダギリジョーさん、柴咲コウさん、音楽には細野晴臣大先生を迎えたゲイの老人ホームを舞台にした異色作品。衛星放送で観たので少しこの作品について書かせてもらいます。

 お話は、メゾンドヒミコなるゲイの老人ホームにやってきたホーム 館長の娘の柴咲さんとホーム館長の恋人であるオダギリさんやホームに暮らすゲイの老人らとの一夏の交流を描いたものです。

 さて、この作品を観終わったの第一の感想は、「ステレオタイプ」でした。舞台設定は特異なものでしたが、その物語は、家族関係や「老いる」ということ、社会的な責任と個人の選択等等の普遍的なものです。それはそれでいいのですが、男性の描き方がどうかと思います。女性とゲイの「外」にいる男性は、

西島秀俊さん演じる柴咲さんの上司やキャバレーでのエピソードを通じて表現されますが、それは女性やゲイを理解しない無粋なもの、あるいは彼女や彼らを軽蔑し疎外する者としての姿です。果たして男性はかくも理解の乏しい存在なのか。完全なヘテロもいなければ、完全なホモもいないのではないかと思う次第。

 ホームの面々をバカにしていた中学生男子がオダギリさんに近づいてくるというエピソードも見られましたが、敵役としての男性をやや一面的に扱ったように思います。この点をもう少し丁寧に扱えば、この作品はより深いものになったのではないでしょうか。やはり敵役をちゃんと描けている作品は面白い。ゲイを蔑視するという「ステレオタイプ」もあれば、逆に男性を無理解なものと断ずる「ステレオタイプ」もあるということです。冒頭申した「ステレオタイプ」とはそういう意味です。

 それでもこの映画を支持したいのは、「友情」というものを大切に扱っているという点です。性向の異なるホモ男子とヘテロ女子の心の交感は、(オダギリさんと柴咲さんです)恋愛なぞというものではなくて、友情という手垢にまみれたようで実は崇高なもの、「他者」を欠いた無理解とこれの基づく暴力が横行する今の世界にあって唯一の希望、これがメゾンドヒミコのメインテーマであったように思います。映画を見ていて男子と女子が出てくると「もう、早くくっついちゃいなYO☆」と焦れる行者にとっては、爽やかな肩透かしでもありました。

~行者のログが気に入ったら人気投票にご協力をm(_ _)m是非→Click here

|

« 365回の白昼夢 | トップページ | 武士道・菊田が挑む謎の武道【ボータウト】を追跡!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メゾンドヒミコ【行者の聴いた観た読んだ】:

» 柴咲コウ CM [柴咲コウのこころ]
はじめて柴咲コウを知ったとき、とてもかっこいいと感じました。セクシーにプラスして演技が上手です。CMをみれば、すぐにわかります。さすが、美貌あふれる柴咲コウだね。柴咲コウのCMを見てくださいね。恐ろしいほどの魅力です。見ない理由がありませんよね。もっと知りたいですね、柴咲コウのこと。レンタル屋で柴咲コウのDVDをゲットしました本当に人気炸裂ですな。本気で柴咲コウとデートがし�... [続きを読む]

受信: 2006/11/03 12:51

» オダギリジョー [オダギリジョー]
友達がオダギリジョーのことを男前と言っていましたが、私もそう思います。特筆すべきところはオシャレだというところかな。ドラマ界で引っ張りだこですからね。だってそれがオダギリジョーですもん。今もオダギリジョーのCMを見てま〜す。オダギリジョーの才能を知るにはもってこいかな。見ればわかる、すべてがわかる。みなさん、オダギリジョーをかかさずに〜。インターネットでオダギリジョーの画像を探すのが日課になっ�... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 22:07

» どーするの!?オレカード [生活のキーワード]
同姓ながら、オダギリジョーは好きな俳優のひとりですね。始めてみたのは、確かフジテレビ系のドラマの「初体験」だったような。 [続きを読む]

受信: 2006/11/17 11:22

« 365回の白昼夢 | トップページ | 武士道・菊田が挑む謎の武道【ボータウト】を追跡!! »