« ゲド戦記【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 夏の販促キャンペーン【本日の平積み】 »

ナニワのひったくり愛【憶測の段】

Cuite_mommy 朝夕が幾分過ごしやすい日が続いている。暑さ寒さも彼岸までと言う、僅かながら風は秋色である。が、今年の夏は暑かった、 連日狂ったような暑さであった、いやジッサイ狂ってきているのだろう、地球環境が。そんな断末魔JAPANにおいて、この夏最高の暑さを記録したCITY はどこかと言うと、大阪は北河内、枚方CITYがその街である。

 何でも報道によれば、8月6日には摂氏38度を越し、見事?日本一のHOTCITYの称号 を得たようだ。38度といえばインドのカルカッタ並みの暑さだ。かつて識者のみうらじゅん氏やアイドルキラーといわれる大槻ケンジ氏が日本をインド化せん と運動した時期があったが、枚方は既にインド並である。

 さて、大阪の枚方が日本一の暑さと聞くと意外に思う諸兄もおられるかも知れない。

これはいわゆるヒートアイランド現象というものが大阪一円を覆い、なおかつ内陸の枚方には、海風も颪(おろし)も吹かないので、暑さが篭って(こもって)しまっているようだ。因みに、大阪には横山ホットブラザースというベテラン芸人がいるが、この現象とは基本的には無関係である。

 この暑さに枚方市行政も手を拱いて(こまねいて)いるわけではない。市庁舎にゴーヤを植えるといったロハスな努力から、果ては「あっちっちサミット」なる珍会合の開まで、色々と幅広く対策を行っている。が、彼らがまずしなければならないことは、暑さでまいってしまった自分達の頭を冷やすことだろう。人間、体温以上の温度の中で過ごしていると判断力も怪しいものになってくるものだ。頭脳が冷静であれば、おかしげなサミットを開こうと考えることもなかろうに。

 さて、そんな亜熱帯CITY枚方にふさわしい快?事件が先日発生した。8月2日、33歳の男が枚方市内で帰宅中のOL(22)のバッグをひったくった上で、翌日に「財布と携帯を拾った」とうそを書いたメモをOLの自宅に差し入れて、謝礼をだまし取ろうとしたそうだ。ところが待ち合わせ場所に現れたのはOLの母親で、ひったくり犯は母親に一目ぼれしてしまい、交際を申し出たと言うのだ。これを母親が断ると「付き合わなければキャッシュカードなどを悪徳業者に渡す」などと交際を強要してお縄となったのだから、これはとんだ恋泥棒、いや泥棒の恋である。(時事通信の報道より再編)ひったくり犯が被害者の母親にコクってフラれたという、なんとも惚けた(とぼけた)話なのだ。

 さて、ひったくりといえば、近年増加に一途をたどっている卑劣な犯罪なのであるが、以下の統計はひったくり犯の全国ランキングである。不動の王者は申すまでもない、わがまちOSAKAである。

(2004年度 内閣府警視庁 犯罪統計資料より)
大阪6,403 神奈川4,603 東京4,518  埼玉4,289 千葉3,680 
福岡3,615 愛知3,233 兵庫2,614 京都1,077 その他5,367

      
 ひったくり王国の大阪の北東に位置する亜熱帯CITY枚方は、暑き犯罪都市、いわば日本のリオジャデネイロだ。何なら枚方出身の俳優V6の岡田准一さんを「カリオカ」と呼ぶのも悪くない。ところで先に告白事件についてだが、【憶測】するに、現れたOLの母親が極く庶民的な、いわゆる「大阪のオカン」的ないでたちだったらどうだっただろうか。初恋の人も、一目惚れもあったものではなかったろう。

 と、いうことは43歳の母親は、このひったくり犯との会見に”それなりの”身なりで現れたということになる。「財布拾ってくれた親切な男の人に会うンやから☆」と、おめかしして臨むというスタンスは、微笑ましい大阪のオカン流とも言える。いずれにしても、このひったくり犯は、43歳の主婦にハートをひったくられたということである。枚方は暑き恋の街でもある。

*本稿では語呂がよいので、亜熱帯CITYという表現を用いたが、ジッサイは38度なんて気温だともうすでに熱帯だYO!!\

~行者のログが気に入ったら、人気投票にご協力ください→Click here

|

« ゲド戦記【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 夏の販促キャンペーン【本日の平積み】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/11695589

この記事へのトラックバック一覧です: ナニワのひったくり愛【憶測の段】:

« ゲド戦記【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | 夏の販促キャンペーン【本日の平積み】 »