« 女犯坊【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | こもも タランチュラ【検索の窓から】 »

読むぜ、三国志!UPDATE【DB】

 行者のログ道★迷い筆、この全く実用性のないブログに日々100に及びアクセスがある。「中国人 ワキ毛」などという検索でヒットし、迷い込んだ諸兄もいるようだが、憶測に過ぎないコラムを読んでくださっている奇特な方々に改めて感謝を申し上げたい。

 そんな皆様にわずかでもお返しをしたい、少しでも実用性のある情報を提供したい、ということで、データベースのコーナーを設けることにした、行者の【DB】

 栄えある第一回は、行者の同胞、ハンサムからの情報提供。ハンサムは人生の3/2以上を酒とタバコと三国志につぎ込んだ男、三国志以外はキース・リチャーズのような、ロックしないロッカーだ。そんなハンサムから贈り物、GWについに手を出そうかと思っている三国志

 ちょいタクな皆様が、実は未だ手をつけていない三国志、連れが熱狂、カレシが萌えな三国志。で、読まなきゃいけない三国志。でも、どれから読むのか、三国志。人名と地名が分かんない三国志。地獄の道先案内人、ハンサムが三国志関連出版を比較し読み比べ、徹底ガイドします!

(映 像)

【タイトル】 人形劇三国志 全集 1巻から17巻 各5,040円

【出版社】 NHKエンタープライズ

【出 演】 谷 隼人/石橋蓮司/森本レオ/せんだみつお

【概 要】 1980年代に約2年間を費やして放映された人形劇の三国志。内容は立間祥介訳「三国志演義」をベースにしたスタンダードなもの。が、怪盗白?覆面の登場や、水滸伝を思わせる張飛の虎退治と山賊婆など珍演出も魅力。冗談はさておき、曹操がまあカッコいいこと!ほんとに岡本信人が演じているとは、、信じれん、、、(行者)

【難易度】 初級

【おススメ度】 ★★★★★

【鑑賞時間】 1本4話分(180分) × 18巻分、、、壮大だ。とりあえず赤壁前後の6巻から9巻を見るもよし。

【備 考】 

30代の三国志読みなら、コーエーのゲームか、この人形劇が入り口となったはず。人形は、あの川本喜八郎大先生、関羽、孔明は素晴らしい出来栄え。今は亡き松本竜介さんの名ガイドも胸を打つゾ。

(小 説)

【タイトル】 三国志1~8巻 各798円

【出版社】 講談社文庫  

【著 者】 吉川英治

【概 要】 三国志のスタンダード、読める!「古典」三国志。

【難易度】 初級

【読了時間】(GW8日間で読切り)7h/日 (電車の行き帰り+オウチで)4週間

【おススメ度】★★★★

【備 考】 1巻、2巻は我慢のしどころ。これを読まずには三国志は語れまいぞ。

【タイトル】 三国志1~13巻 各600円

【出版社】 角川春樹事務所  

【著 者】 北方 謙三

【概 要】 漢(おとこ)の三国志!

【難易度】 上級

【おススメ度】 ★★★★


【読了時間】(GW8日間で読切り)10h/日 (電車の行き帰り+オウチで)6週間

【備 考】 電車の中で読むな、泣くぞ。女の出る幕なーし!

【タイトル】 三国志 第1、2、3巻~ 各1,700円

【出版社】 文藝春秋   

【著 者】 宮城谷 昌光 

【概 要】 正史をベースに再編して進めている待望の三国志。

【難易度】 中級

【おススメ度】 ★★★★

【読了時間】 ハードカバー3冊なので、4日もあれば。(現在進行形)

【備 考】 司馬遼太郎の衣鉢を継ぐ、宮城谷 昌光の三国志。これには、リアルタイムで付き合えるぞ。

【タイトル】 三国志演義

【出版社】 岩波文庫、集英社文庫ほか

【著 者】 羅 貫中  

【概 要】 いわゆる、物語三国志。原本の訳本。

【難易度】 初級

【読了時間】 出版社によって巻数が違うが、うたた寝してしまう時間を計算に入れんとな。

【おススメ度】 ★★

【備 考】 文章が単調なので、電車の中ですぐ寝れるという、利点?がある。なお、渡辺 仙州&佐竹 美保のコンビによる羅 貫中の訳本という体裁ながら、演義と正史を織り交ぜた上、ガイド付の三国志が本年3月から出版されているとのこと。好評なので、追って報告する。

って、これは2005年の3月の話!ハンサムぅ、書評くれやあ!(行者)

【タイトル】  反三国志 上下2巻  各750円

【出版社】 講談社文庫

【著 者】 周 大荒
 

【概 要】 歴史に「もし」があったら、の歴史ifシリーズの先駆け三国志。

【難易度】 上級

【おススメ度】 ★

【読了時間】(GW8日間で読切り)3h/日 (電車の行き帰り+オウチで)1週間

【備 考】 史実を否定した三国志!真実はいずこに。いろんな意味で、コレクターズアイテムだな。

【タイトル】 秘本三国志 全6巻 各500円

【出版社】 文芸春秋

【著 者】 陳 瞬臣 

【概 要】 裏三国志のパイオニア、物語三国志としては、「荒ぶる劉備像」を(およそ)初めて提案。

【難易度】 中級

【おススメ度】 ★★★★★

【読了時間】(GW8日間で読切り)7h/日 (電車の行き帰り+オウチで)3週間

【備 考】 吉川三国志の次に読むに最適。小説として面白いゾ。

【タイトル】 英雄ここにあり―三国志 (上中下)    820円~880円

【出版社】 講談社文庫 

【著 者】 柴田錬三郎 

【概 要】 時代物の大家、柴田錬三郎が描く講談調三国志。ベースは吉川三国志か。

【難易度】 初級

【おススメ度】 ★★★★

【備 考】 吉川三国志をショートカットしたい現代人にお薦めだ。

【タイトル】 英雄生きるべきか死すべきか―三国志 (上下)  各897円

【出版社】 講談社文庫

【著 者】 柴田錬三郎

【概 要】 「英雄ここにあり」の続編、諸葛孔明の北伐以降の物語。

【難易度】 初級

【おススメ度】 ★★★

【読了時間】(GW8日間で読切り)3h/日 (電車の行き帰り+オウチで)1週間

【タイトル】 興亡三国志  全5巻 各880円

【出版社】 集英社文庫

【著 者】 三好 徹 

【概 要】 比較的スタンダード、かつ小ネタ入り三国志。

【難易度】 中級 

【おススメ度】 ★★★

【読了時間】  (GW8日間で読み切り)7h/日 (電車の行き帰り+オウチで)3週間 

【備 考】 特にクセはない。セカンド、サードの一冊として如何か。

(漫 画)

【タイトル】 蒼天航路 全36巻~ 530円~540円

【出版社】 講談社 

【著 者】 王欣太  李 学仁 

【概 要】 正史を再解釈し脚色を加えた、ネオ三国志。

【難易度】 中級

【おススメ度】 ★★★★★

【読了時間】  1冊30分見当で、約3日ほどで最新巻までたどり着くが、途中で繰り返し読みたくなるので、その時間も見積もらんとな。 

【備 考】 ゲームと並んで今日の三国志ブームを支える快書。三国志数多あれど、「呉」をここまで惹き立てているのは、この作品ぐらいではないか。巨根の孔明も魅力的。

で、昨年11月についに完結。単行本も最終巻が発売中。読んで、熱くなり、涙し、そして語彙が増えたぞぉ!!(行者)

【タイトル】 三国志 全30巻漫画文庫

【出版社】 潮出版社

【著 者】 横山 光輝

【概 要】 問答無用、言い訳無用の漫画「吉川三国志」 。コミック三国志のスタンダード。

【難易度】 しょきゅう

【おススメ度】 ★

【読了時間】  (GW8日間で読み切り)7h/日 (電車の行き帰り+オウチで)3週間 ※集中すれば2、3日で十分だ!

【備 考】 この漫画を読むと、場合によっては、素晴らしい三国志の世界に悪印象を持つ恐れがある、注意せい!

【タイトル】 天地を喰らう 全4巻 各650円

【出版社】 集英社文庫

【著 者】 本宮 ひろ志

【概 要】 「サラ金」本宮大先生の殴りこみ三国志。

【難易度】 中級

【おススメ度】 ★★★

【読了時間】  (GW8日間で読み切り)1h/日 (電車の行き帰り+オウチで)3日

【備 考】 物語は未完ながら、男の世界が味わえる。周喩の目が、ドカベンの目だ。

【タイトル】 時の地平線 12巻~ 各530円

【出版社】 小学館

【著 者】 諏訪 緑

【概 要】 諸葛孔明を主人公にした、平和論三国志。

【難易度】 中級

【おススメ度】 ★★★

【読了時間】 1冊30分見当で、約3日ほどで最新巻までたどり着く。

【備 考】 戦闘シーン等、男の晴れ舞台が貧弱だが、観点の面白い作品だ。トボけた司馬イはどうかと思うんだが、、、(行者)

【タイトル】 三国志 全10巻 各663円

【出版社】 講談社漫画文庫 

【著 者】 園田 光慶 久保田 千太郎

【概 要】 某巨大掲示板でブレイクした「こやつめ、ハハハ」三国志。

【難易度】 中級

【おススメ度】 ★★★

【読了時間】(GW8日間で読切り)1h/日 (電車の行き帰り+オウチで)3日

【備 考】 こやつめ、ハハハ。

(ガイド等)

【タイトル】 正史三国志群雄銘銘伝 3,390円

【出版社】 光人社

【著 者】 坂口 和澄

【概 要】 正史準拠の人物事典正史を読むにあたって最大の障害となる上表文(もちろんこれも大事な資料なのだが、なにせまどろっこしい文章なのだ。)等をとっ払って、各人物の事蹟、逸話を中心に記載している。

【難易度】 上級

【おススメ度】 ★★★★★

【読了時間】 検証中

【備 考】 近年の、質量共に風呂場のカビのような三国志関連出版物の中では、その価値は群を抜く一品。(ワシも以前、似たようなものを作ろうとして1時間で挫折。)


【タイトル】 正史 三国志 全8巻セット

【出版社】 筑摩書房

【著 者】 陳寿

【概 要】 歴史書としての「公式」三国志。

【難易度】 超級

【おススメ度】 ★

【読了時間】 いずれにしても1年くらい

【備 考】 もはや、こうなってくると勉強だ。

~人気blogランキング登録中、投票にご協力ください→Click here

|

« 女犯坊【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | こもも タランチュラ【検索の窓から】 »

コメント

Hi
Other
arimidex effects side
If your need more informarmation down
load
http://arimidex.2vsn.com
Bye






























投稿: StormGect | 2007/05/24 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73710/9878338

この記事へのトラックバック一覧です: 読むぜ、三国志!UPDATE【DB】:

« 女犯坊【行者の聴いた観た読んだ】 | トップページ | こもも タランチュラ【検索の窓から】 »